精神安定の効果も?睡眠に隠された5つのメリットと正しい寝方

日常に欠かせないものの一つである睡眠は、人生の三分の一を占めるといわれるほど人にとって重要な生理現象です。この大切な睡眠の恩恵を得るためには、具体的に睡眠にどのようなメリットがあるのかということと、そのメリットを最大限にするためにはどうすればいいのかを知らなければなりません。

体の疲労回復効果

「睡眠=休息」というのは間違いではなく、睡眠の代表的なメリットとして体を休める作用があります。睡眠中には成長ホルモンが多く分泌され、筋肉など一日の疲労で傷ついた体を修復してくれます。特にこれから運動を始める方は、睡眠を十分に取らないと筋肉の疲労が治まらずに運動のメリットを実感できないので要注意です。

睡眠は心のバランスにも

睡眠の休息というメリットは体だけではなく、精神においても言えることです。ぐっすり睡眠を取れるとそれだけで気分が爽快になりますし、ベストコンディションで日中活動できます。

また、脳を休める唯一の機会が睡眠なので、睡眠不足は脳のダメージにもつながりデメリットが大きいです。睡眠には心身ともにバランスを保つメリットがあると言えます。

学習効率アップのメリット

脳の休息時間である睡眠中には記憶の整理も行われており、寝ることで学習効率を向上させることができます。勉強が必要なことはもちろんですが、睡眠不足のまま学習を進めていると脳内で情報が混ざった状態になるため、必要な情報を取り出すことが難しくなります。

受験生などテスト前の学生は学習時間の確保のために睡眠を削ろうとすることがありますが、睡眠にはむしろ試験の成果をあげるメリットがあるということを心に留めておく必要があります。

睡眠で食欲の安定と肥満防止!

あまり知られていない睡眠のメリットですが、寝ることには実は肥満防止や改善の効果があります。グレリン、レプチンという物質は体内で食欲の調整に関わっていますが、睡眠不足の方はこの体内物質の均衡が取れておらず、食欲が過剰になってしまうことが分かっています。

肥満の予防や改善には食事・運動の反省が先に挙げられることが多いですが、睡眠の改善にもそれら2つと同等のメリットがあります。

決断力アップのメリット

質の良い十分な睡眠を取れるとクリアな思考が働くため、決断力や行動力が上がります。睡眠不足になるとこのメリットが機能せず、たとえば物を捨てる時にも長時間悩むなどの現象が起こることがあります。優柔不断さが気になる方は、一度睡眠習慣を見直すことも考えてみる価値があります。

睡眠前には手作業をやめよう

手を使うと脳が活性化するため、タイピングを伴うパソコン作業や勉強などは控えた方がぐっすり眠れて睡眠のメリットを感じやすくなります。就寝前はゆったりと音楽を聴いたりお茶を飲んだりしつつ、リラックスして寝床に入っていくようにしましょう。

睡眠の質と食欲に注意

寝る前に消化に時間がかかる揚げ物などを食べてしまうと、睡眠中も体が休息モードに入りづらくなり、睡眠のメリットが薄れてしまいます。そうすると睡眠の質が下がって寝不足と等しい状態になり、先ほど述べたグレリン・レプチンのバランスが乱れて食欲が増す可能性が高まります。睡眠の前にお腹が空いたら、果物など胃に優しいもので済ませるようにしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る