最高の安眠を手に入れる条件とは?

安眠できる条件を満たしましょう

責任ある仕事も任されているし、夜はゆっくり安眠したいのに安眠できない。お気に入りのベッドカバー、シーツを揃えて安眠できる条件は揃っているのによく眠れない。あなたはぐっすり心地いい安眠を手に入れられていますか?

食欲、性欲とならんで睡眠は人間の三大欲求のうちの一つです。昼間活発に仕事や趣味を行うためにも夜に安眠を取ることはとても重要です。安眠を手に入れることによってあなたの生活の質はぐっと向上します。

今回は疲れもとれてぐっすり眠れる安眠の条件を紹介いたします。

寝室は安眠の条件を満たしていますか?

眠りにつくとき、私たち人間は体の内側の深部体温が下がっていき、静かに眠りにつく準備を始めていきます。眠る前は極力刺激を受けずに、落ち着いた環境をつくることが大切です。

寝室はなるべく刺激の強い色を使うのはやめて、落ち着いた自分のお気に入りの色を使いましょう。そしてなるべく静かな環境をつくることをおすすめします。静かなヒーリングミュージックなどはおすすめですが、激しい音楽などは耳から刺激を受けて体が興奮されてしまうのでおすすめできません。

眠る時は可能であれば灯りを点けず真っ暗な状態がおすすめです。目が光を見てしまうと夜なのに朝だと思ってしまい目が冴えてしまうことがあります。真っ暗な環境が不安な方は暖色の明るすぎない間接照明などが刺激が少ないのでおすすめです。

寝室に観葉植物を置くのもおすすめです。植物は二酸化炭素を吸って酸素を吐くので空気を浄化してくれます。さらに植物が持っている緑色は落ち着きや安らぎを与えてくれる効果があります。

赤などの色は刺激を与える色なので適していません。白や茶、緑など落ち着きをくれる色の家具やグッズを寝室には置くことをおすすめします。

眠る前の安眠の条件を紹介します

眠る前の準備はとても大切です。眠る前になると人はメラトニンという脳内物質の分泌がさかんになり、脈拍、体温、血圧を低下させ眠気を呼び起こします。なのでこのメラトニンの働きに合わせた眠る前の準備をすることが安眠の条件となります。

まず眠る1時間前からは、スマートフォンやパソコンを見るのはやめましょう。これらのデバイスのLEDディスプレイからはブルーライトが出ています。このブルーライトには陽の光に似た性質があり、夜ブルーライトを見てしまうと、目が夜なのに朝だと勘違いしてしまい目が冴えてしまいます。

冷え性で眠る時に足元や指先など体の先端の冷えが気になる人は、ホットミルクやホットココア、白湯を飲むことをおすすめします。体が温まりますし、牛乳にはメラトニンの原料となるトリプトファンという成分も入っているので安眠に効果ありです。

もし可能であれば眠る前に軽いストレッチや筋トレをすることもおすすめです。運動をしていないと体の筋肉が固まって緊張してしまい、疲れが取れにくくなってしまいます。ストレッチをすると筋肉がほぐれて緩むのでリラックス効果があります。筋トレなども体が適度に疲れるので眠りに入りやすくなります。

眠る前の習慣を少し変えてみるだけで安眠に近づけるので、ぜひ少しだけでも取り入れてみてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る