イヤホンで音楽を聴きながら安眠できない理由2つ

音楽を聴きながら眠っていませんか?

お気に入りの音楽をイヤホンで聴きながら、リラックスした気持ちで眠ろうとしたのに眠れない。安眠に良いって宣伝されていた音楽を聴いていたのに眠れなかった。こんな経験はありませんか?

1日の終わりに眠りにつくとき、誰もがリラックスした気持ちでベッドに入りたいですよね。自分の好きな音楽を聴いて、1日の緊張をやわらげたい気持ちもとても分かります。

けれど眠っている時にも音楽を聴いていることは、実は安眠に効果的ではないんです。安眠のために音楽を利用するには、少しコツが必要になります。

この記事では眠る時にイヤホンで音楽を聴くことについて、詳しく紹介いたします。

音楽を眠るときに聴いてもリラックス効果はありません

音楽が好きな方は自分のお気に入りの曲をかけながら眠りにつく人も多いかと思います。確かに音楽を聴くことによって不眠症が改善されたというデータもあります。けれど音楽を聴いて安眠に効果があるのは「眠っている時」ではなくて、「眠る前」なんです。

気持ちが癒される音楽というのは、脳がリラックスしている時にあらわれる脳波と同調している音楽です。音楽には体のリズムや心拍数、脳波を同調させる効果があります。

しかし眠っている時に音楽を聴いてしまうと、それは眠りを妨げる刺激になってしまいます。人は眠っている時、脳も体も外部からの情報をシャットダウンして疲れを回復させるので、寝室はなるべく静かで落ちついた環境をつくることが大切です。たとえ安眠効果のあるヒーリングミュージックだったとしても、あなたが眠りに入ったあとでは脳は雑音と感じます。

なのでイヤホンで音楽を聴いて安眠を手に入れるのに一番効果的なタイミングは、眠る前に音楽を聴くことです。音楽を止めるのを忘れてそのまま眠りにつく恐れがあるのであれば、タイマー機能を設定したり、リピート再生機能を停止しておくことをおすすめします。

音楽を長時間聴いて眠ることは難聴の原因にもなります

さらにもう1つ、安眠時にイヤホンで音楽を聴くデメリットがあります。イヤホンやヘッドフォンを使って大音量で長時間音楽を聴くのは、難聴の原因の1つです。

睡眠中ではなくても、長時間イヤホンをつけて音楽を聴いていると「中程度難聴」くらいのレベルで耳が聞こえなくなってしまう可能性があります。この中程度難聴がどのぐらいのレベルかというと、ささやき声などが聞こえづらくなり、少し遠くにいる人の声も大声でないと聞こえないぐらいです。中程度難聴になって生活に支障をきたす人もいます。

眠る前に音楽を聴く時はなるべく小さな音量で、かつさきほども伝えたようにタイマーや一回再生機能などを設定して、長時間音楽を聴いてしまわないように気をつけましょう。

眠る前に聴く音楽はあくまでもリラックス効果を促すためのものなので、ロックなど体が興奮するような音楽はやめましょう。眠る前に体がはじめる、眠る準備の邪魔をしてしまいます。

聴く時間やタイミングを間違わなければ、イヤホンで音楽を聴くこと自体には安眠効果があります。今はヒーリングミュージックは無料動画で聴けたりダウンロードも可能なので、ぜひお気に入りの音楽も探してみてください。安眠の役に立つ音楽の聴き方をしましょうね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る