睡眠障害の特徴や原因、改善方法を知ろう

テレビやインターネットなどで睡眠障害について特集されることが多いのですが、睡眠障害とはどのような症状を意味するのかや原因、どうすれば改善できるのか知らない人は多いでしょう。睡眠障害のことをしっかりと学んで正しい知識を持つことで、睡眠障害を未然に防いだり睡眠障害になったとしても改善方法を実行することができますので、学ぶメリットは大きいと言えます。

睡眠障害とはどのような症状なのか

睡眠障害を不眠症のことだと考える人は多いのですが、近年は睡眠障害を表す範囲が拡大しており、不眠症だけが睡眠障害と呼ぶわけではありません。睡眠障害には不眠症の他に睡眠関連呼吸障害と過眠症、睡眠関連運動障害などがあります。不眠症はベッドに入っても眠るのが難しい入眠障害や途中で複数回目が覚める中途覚醒、目覚める時間が早い早朝覚醒などがあります。

睡眠時関連呼吸障害として有名なのが、睡眠時無呼吸症候群です。呼吸が停止する時間が長いと命に関わる危険な症状です。過眠症は、昼に眠くなってしまう症状で、眠ってしまうと起きるのが難しくなると言われています。睡眠関連運動障害は、寝ている際、けいれんや歯ぎしりなどが起きるのが特徴です。これらの症状は日常生活に悪影響を及ぼすのですが、大人から子供まで多くの人が発症します。

睡眠障害は何故発症するのか

人間の睡眠に大きくかかわるのが、メラトニンと呼ばれているホルモンです。メラトニンは太陽の光を浴びると分泌が低下し、時間を経過すると再び分泌が始まり自然と眠たくなります。しかし、夜起きて朝眠るなど生活が不規則な人はメラトニンの分泌に影響を与えてしまい、睡眠障害を引き起こす危険性があります。他にも、人間関係や仕事のプレッシャーなどが原因で生まれるストレスも不眠症の原因になります。ストレスは交感神経に影響を与え、体や脳が覚醒状態になりますので、睡眠障害になりやすくなります。

生活習慣の乱れやストレスが睡眠障害のリスクを高めてしまいますので、自分の生活環境を見直したりストレッチなどをしてストレスを解消したりしながら不眠症を未然に防ぐことが大切です。

夜香辛料を含んだ食事を食べないようにしよう

ピリッと辛い香辛料が好きな人はたくさんいるのですが、夕食はできるだけ香辛料を使わないようにしましょう。唐辛子などの香辛料は、交感神経に影響するため、夜食べてしまうと寝つきが悪くなってしまう危険性があります。睡眠の質を低下させないためにも、夜は我慢しましょう。

朝はきちんと起きよう

寝る時間にメラトニンを分泌させて質の良い睡眠を取るためには、朝きちんと起きることが大切です。生活習慣の乱れが睡眠障害を引き起こす原因になりますので、眠くても頑張って起きるようにしましょう。朝起きて太陽の光をきちんと浴びて体内時計を整えることが重要です。

睡眠障害を未然に防ぐには

睡眠障害にならないためにはどうすればいいのか、しっかりと把握しておく必要があります。睡眠障害を防ぐには、緊張や興奮に関係する神経として認知されている交感神経を切ることが大切です。交感神経をオフにして副交感神経を活発にすることで、リラックス効果が生まれますので、きちんと眠ることができます。交感神経はストレスやカフェイン、香辛料などの刺激的な成分と関係がありますので、寝る前にカフェインや香辛料を摂取したりストレスを溜めたりしないことが大切です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る