ロングスリーパーの人が知っておいてほしい睡眠のコツ

気付いたら長時間眠っていませんか?

休日にゆっくり眠ったら、気付いたら夕方になっていた。眠っても眠っても眠気がとれない。1日7時間以上眠ってもまだ眠い、そんなことはありませんか?

もしあなたが1日9〜10時間眠るのであれば、ロングスリーパーである可能性があります。ロングスリーパーというのは長時間睡眠をする必要のある人のことを指します。

遺伝子的な要因で、人にはそれぞれ1日に必要な睡眠時間が変わってきます。3〜5時間など短い時間で睡眠が満足できる人もいれば、6〜8時間など平均的な時間眠る必要がある人もいます。短時間睡眠で充分な人はショートスリーパーといい、長時間睡眠が必要な人のことをロングスリーパーといいます。

この記事ではこのロングスリーパーの人について詳しく紹介いたします。

ロングスリーパーの人におすすめしたいこと

ロングスリーパーのあなたに一番良いのは、自分の体に合わせてゆっくり眠りにつくことです。けれど忙しい現代で睡眠時間を1日9時間も10時間も確保するのは難しいですよね。
そこで仕事に忙しいロングスリーパーのあなたにおすすめしたいのが、仕事の空き時間や昼休憩に昼寝をすることです。昼寝は短い時間でも集中力アップ、疲労回復、ストレス解消に効果があります。ブラックコーヒーを飲んだりするよりも眠気対策になるので、お昼ご飯を食べた後に昼寝をしてみてはいかがでしょうか?

通勤の電車の中など、移動している時などを利用してこまめに睡眠をとることをロングスリーパーの人にはおすすめします。

そして周りに自分よりも睡眠時間が短い人がいても、気にせず自分の睡眠のペースを守ってください。短い睡眠時間で勉強したり、仕事をしている人を見ていると焦ったりしてしまうこともあると思いますが、人にはそれぞれ生まれつきの体のペースがあるので、自分のペースを規則正しくすることに力を入れてくださいね。周りを気にするよりも、自分の体のペースを把握して最良の生活習慣をつくりましょう。

より良質な睡眠を手に入れるために

長時間睡眠のあとだと、なかなか目が覚めないですよね。

起きた時にすぐ体を活動する状態に切り替えるには、朝太陽の光を必ず見るのがおすすめです。太陽の光には体の体内時計をリセットさせる効果と覚醒効果があります。なので太陽の光を見たその時から活動をスタートさせることができます。

さらに太陽の光にはセロトニンという成分を生成する効果があります。このセロトニンが十分に分泌されると感情の落ち着きを生み出し幸福感を感じることができます。さらにセロトニンは別名睡眠ホルモンと言われているメラトニンの前駆体なので、日中に十分セロトニンが分泌されていると、スムーズに夜眠りにつくことができます。

太陽の光は1日約30分見るのが効果的です。

あとはリズム運動をすることもセロトニンの分泌になるので、1日五分、スクワット運動などをしてみてください。運動する時間を確保するのが難しければ、食べ物をよく噛むようにしましょう。食べ物を咀嚼することもリズム運動になりますよ。

ロングスリーパーの方は自分の体のサイクルに合わせて、ゆっくりと睡眠時間を確保して健康的な生活を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る