睡眠時エアコンをつける際に知っておくべきこと

エアコンは室内の温度を調節することができるため、快適に過ごすために必要不可欠です。暑い時は室内の温度を下げることで、夜寝付きやすくなるメリットがあります。ただ、エアコンの温度を下げすぎてしまいますと体調に悪影響を及ぼしてしまうリスクがありますので、上手に活用することが大切です。エアコンを使うことのメリットや使用上の注意点をしっかりと把握しましょう。

エアコンを使うときはタイマーを活用しよう!

エアコンを付けた状態で睡眠を取る場合は、タイマー機能を上手に使いこなすことが大切です。エアコンのタイマー機能を使うことによって、熱帯夜などの眠りにくい時でも気持ちよく睡眠を取ることが可能です。エアコンを除湿に設定し、朝起きる1時間前に電源が切れるように設定しましょう。そうすることによって、室内の温度が徐々に上昇していき、自然に目が覚めます。また、除湿に設定することで湿度を下げながら適度に部屋の温度を下げることができますので、体を冷やしすぎるリスクを防ぐことが可能です。

エアコンを強く設定しすぎると朝だるくなる

エアコンを使って睡眠を取る人はたくさんいます。人によって温度調節方法が異なるのですが、暑いからと温度を下げすぎてはいけません。エアコンの温度を下げすぎてしまいますと、体が冷えてしまいます。人間は睡眠中、体の深部体温が下がる働きをするため、起きている時に比べて体温が下がりやすくなります。特に早朝の時間帯に体の深部体温と体表温度に温度差が無いほど朝だるさを感じてしまいますので、スッキリと起きることができなくなります。

エアコンを強く設定することは体調を崩す原因になりますので、注意が必要です。健康的に過ごすためにも、エアコンの温度設定に気をつけましょう。

冷房と除湿の違いについて理解しよう

睡眠時にエアコンの設定を行う際は、冷房と除湿の違いについて理解しておく必要があります。冷房は、室内の空気温度を下げるために使います。冷房状態にすることで、室内の熱を除去し、過ごしやすい温度にすることが可能です。ただし、長時間冷房にしたままにしてしまいますと、室内が冷えすぎてしまう危険性がありますので、注意が必要です。

除湿は、弱冷房除湿と再熱除湿の2種類があります。弱冷房除湿は、消費電力が少ないので、電気代を節約したい人にとっては大きなメリットがあります。ただし、気温が高すぎる日にはあまり効果が期待できません。再熱除湿は、外が寒い状態で湿度を下げたい時に役立ちます。体の温度を下げること無く、湿度を取り除いてくれる機能です。ただし、消費電力が大きいので長時間使わないようにしましょう。

エアコンと上手に付き合うために

エアコンは地球温暖化による気温の上昇でも気持ちよく生活できる便利な電化製品です。近年は消費電力を抑えることができる商品も販売されており、気軽に使えるようになっています。ただし、エアコンの特徴をきちんと把握することができなければ、睡眠時に体温を下げてしまい、翌日スッキリと起きることができなくなってしまいます。それゆえ、エアコンをどう使えば朝気持ちよく起床できるのか、きちんと理解してエアコンと上手に付き合っていくことが大切です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る