睡眠時の寝姿勢でむくみを改善する3つの方法

脚がむくむという症状は、主に女性に多い症状です。
朝はむくみが無くても、夕方には脚がむくんでしまうというケースが多いです。
脚がむくむと靴の締め付けが気になる、就寝前や入浴時に脚をマッサージしなければ脚が重い、寝つけなくなるなど、様々な症状に繋がります。
脚のむくみと、関連する症状に困っている人は多いです。
適度な運動をしたり、ヨガ教室やマッサージに通うことで改善が期待できます。
しかし、忙しい人にとっては時間を確保することも難しく、金銭的にも余裕が無ければなりません。
時間とお金をかけなくても、脚のむくみを改善する方法はあります。
睡眠中や、簡単なマッサージを行うことで脚のむくみを改善しましょう。

何故脚にむくみが起こるのか

脚がむくむ原因は沢山ありますが、主に長時間立ったまま、もしくは座ったまま、運動不足など、身体を大きく動かさない人に起こる傾向があります。
他にも肥満や、病気によって脚がむくむ場合もあります。
生活習慣の乱れによって、血行不良になっているケースも考えられます。
脚のむくみを自覚しながら改善しない場合、大きな病気に繋がる場合もあります。
そのため、早期改善を目指す必要があります。
脚のむくみ改善のために、まずは時間とお金をかけずに脚のむくみ改善する方法から試してみましょう。
睡眠時にも行うことができる簡単な方法もあります。

脚のむくみを改善する方法

まずは正しい姿勢で過ごす事を意識しましょう。
姿勢が悪いと、脚のむくみに限らず、様々な不調を引き起こす場合があります。
さらに、起きている時の姿勢だけではなく睡眠時の姿勢も重要です。
自分の体型に合った寝具を選ぶことで、自然と良い姿勢で眠ることができます。
起床時に身体の痛みを感じる場合、寝具と体型が合っていない可能性が高いです。
痛みを感じる部分から、体型合っていない寝具を考えてみましょう。
首が痛い場合は枕、腰が痛い場合はマットレスなど、原因を探って良い寝姿勢を目指すことが脚のむくみ改善に繋がります。
また、寝返りを打つことでも全身の血流を促進する効果が期待できます。
寝返りを打ちにくい環境になっていないかどうかも確認しましょう。
脚を含め、下半身が血行不良になっている状態であるため、脚の血液と水分を全身に流す必要があります。
脚の下にクッションを置くなど、脚の位置を上げることも有効です。
あまり上げすぎると逆効果になるため、10cm程の高さになる様に調整しましょう。
脚から全身への血行を良くするだけではなく、リンパを流す効果が期待できるため、脚のむくみ以外にも健康を促進する効果が期待できます。
これら3つの方法を試してみてください。

脚のむくみは簡単なマッサージでも改善

立ち仕事や座ったままの仕事の場合、日中に脚がむくんでしまう場合もあります。
むくみを感じたタイミングで、簡単なマッサージをしたり、身体を動かすストレッチを取り入れるだけでも効果が期待できます。
脚のむくみによる重さ、違和感は、夕方以降に感じるケースが多いです。
そのため、日中から予防をする事で、重い症状が出る前に簡単に改善する事も可能となります。
睡眠時の姿勢を正すだけでも、むくみにくくなります。
マッサージや運動以外にも、姿勢に気を配ることが大切です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る