睡眠時の夢で疲れる3つの理由

夢を見ると疲れると感じる理由は、日常生活と変わらない現実的な夢を見ているためです。
夢と現実が混同するほど、日常生活に近い夢を見ている場合、睡眠時に身体を動かすこともあります。
これらの理由によって、疲れる場合があるでしょう。
さらに詳しい原因と、夢で疲れる事を防ぐ方法などを紹介します。

睡眠時に夢を見て疲れる理由

睡眠時の夢に関する悩みの多くは、疲れるというものです。
夢には、疲れる内容と疲れない内容があります。
時には夢の内容を覚えていない場合もあるでしょう。
夢で疲れる場合、疲れる夢を見た上でその夢を覚えているという事によって起こる問題です。
これは、脳が働いているレム睡眠時の夢が多い点が特徴です。
レム睡眠の時間帯は、身体は休息している状態ですが、脳は日中に活動する時と同様に働いています。
夢を見るタイミングは、レム睡眠時であるといわれています。
反対に、ノンレム睡眠時にも夢を見ることがありますが、脳が休息状態であるため記憶せず、覚えていません。

睡眠時に身体が動いて疲れる場合も

夢の内容に関わらず、睡眠中は寝返りを打つなど、身体を動かしています。
しかし、起床時に疲れると感じるほど身体を動かしているのであれば、夢の内容によって体を動かしているためであると考えられます。
走っている夢であれば足を動かしていたり、焦っている夢では呼吸が荒くなる事もあります。
これらは夢の内容と連動して、脳が支持をしているために起こる現象です。
身体が動くことで目が覚めてしまう場合もあります。

夢の疲れが残る理由

疲れる夢は、家事や仕事の夢など、日常生活の夢です。
起きている時と変わらない感情が残り、起床時に疲れが残ります。
また、夢を見ている際には脳が活発に動いています。
身体が動くほどの夢であれば、脳が身体に信号を送っているという事です。
脳が疲れることによって、起床時に疲れを感じる場合があります。
さらに、睡眠の質が悪化している事も考えられます。
先に挙げた、レム睡眠とノンレム睡眠は一晩の間に、順番に訪れます。
このバランスが崩れている場合、身体と脳を十分に休めることができないため、疲れを感じます。
特にノンレム睡眠の時間帯は、脳と身体は休息する時間です。
夢によってレム睡眠が長くなると、ノンレム睡眠の時間が短くなってしまい、疲れを感じることに繋がります。

夢のせいで疲れないために

睡眠時の夢で疲れる理由は、起床時に「夢のせいで疲れた」「良い睡眠を取ることができなかった」と、自分を責めたり後悔するという点も挙げられます。
毎日良い夢を見る事ができるという人は居ないといっても過言ではありません。
「仕方がない」と諦めたり、見た夢に関しては後悔をしないように、考えを切り変えましょう。
また、日常の中で強いストレスや解消できていない問題がある場合、その夢を見るケースが多いです。
すぐに解決出来ないトラブルがある場合でも、就寝前はリラックスしましょう。
スマートフォンやパソコンなど、明るい画面は脳を活性化させます。
就寝前に見ていたコンテンツなどが、夢に悪影響となる場合もあるでしょう。
良い夢を見るためにも、起きている間にリラックスをしたり工夫をする事が大切です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る