睡眠時のマウスピース装着をおすすめする3つの理由

suimin

自分で気付きケースは少ない睡眠時の歯ぎしりですが、実際には多くの人が睡眠時に歯ぎしりをしているといわれています。
これは歯科医院で診断されるケースが多く、歯の劣化や歯茎の炎症、顎の歪みなどから判明する場合が多いです。
睡眠時、無意識の間に、歯や口の中、顎に大きな負担をかけている行為です。
歯ぎしりの改善に使用される道具が、マウスピースです。
マウスピースは、睡眠時の歯ぎしり予防だけではなく様々な嬉しい効果がきたいできます。

睡眠時の歯ぎしりを予防する必要性

歯ぎしりは、上あごと下あごの歯を合わせた状態で、強い力で顎を動かす行動です。
歯ぎしりを予防しなければならない理由として、歯と顎に想像以上の強力な力が加わることが挙げられます。
歯が削れたり、場合によっては欠けてしまうこともあります。
また、被せものが割れてしまったり、顎関節症になる場合もあります。
顎周りの筋肉を使うことで、肩こり、頭痛などに繋がることも考えられます。
睡眠時に歯ぎしりをする主な原因はストレスです。
しかし、噛み合わせが合わないといったことでも歯ぎしりをします。
噛み合わせは、成長や歯の治療などでも変化をします。
また、成長とともに顎の形が変化をするため、歯の形を削ることで顎の形に合わせようと、無意識に歯ぎしりをする場合もあります。

睡眠時にマウスピースを付ける効果

歯ぎしりは、専門医での治療を行っても完治しないケースが多いです。
しかし、歯ぎしりによって顎や歯への負担が大きくなり、様々な病気を引き起こします。
そのため、マウスピースを利用して歯ぎしりによる負担を軽くするという方法が効果です。
マウスピースによって、歯ぎしりをしても筋肉の緊張を軽減することができます。
マウスピースがクッションの役割を果たすことによって、食いしばった際の顎から肩にかけての筋肉が緊張する事を予防します。
また、歯ぎしりによって顎関節症を発症するケースが多いです。
顎関節症とは、顎を動かした際に顎から音が鳴る、口を開けにくい、顎が痛いといった症状です。
マウスピースを付けることで、顎の筋肉や関節にかかる負担を軽減するため、顎関節症になりにくくなるでしょう。
マウスピースを使用し始めたばかりの段階では、口の中に強い違和感を覚えます。
しかし、慣れてしまえば「マウスピースがあるから安心」という、気持ちの余裕も生まれます。
歯ぎしりに対してストレスを感じていた場合、マウスピースを付けるだけでストレスが解消されるでしょう。
これら3つのポイントを押さえて使用すると、良い睡眠を取ることにも繋がります。

自分に合うマウスピースを作る

市販のマウスピースもありますが、自分の歯に合うもので無い場合、反対に負担をかける場合があります。
マウスピースは、歯科医院で作って貰う事ができます。
歯ぎしり専用のマウスピースはゴム製ではなく、プラスチックに似た素材で作られたものを使用します。
睡眠時、無意識に行う歯ぎしりを止めることは難しいでしょう。
改善できない、不安であると感じる場合は、歯科医院で作るマウスピースを付けることがおすすめです。
様々な病気に繋がる可能性もあるため、予防策としてマウスピースを付けると良いでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る