睡眠時に適した服装選びとは

suimin

快適な睡眠を取るために必要なことはいくつかあるのですが、特に重要なのが、服装です。服装選びに失敗してしまいますと、質の良い睡眠を取ることができず、逆に体が疲れてしまいます。その結果、せっかく睡眠を取っても翌日起きた時にだるさが残ってしまいます。どのような服装で眠ればいいのかを知り、気持ち良く眠ることが大切です。気が得るのが面倒だからと部屋着のまま眠らないようにしましょう。

睡眠時に適した服装

良い睡眠を取るのに最適な服装の特徴はいくつかありますので、しっかりと学んでおきましょう。まず、寝るときは長袖を着用することが重要です。長袖は手首まで覆ってくれますので、夜体が冷えにくくなります。それゆえ、夏エアコンをかけながら寝ていたとしても、体が寒いと感じにくいので気持ち良く寝ることができるでしょう。

また、前ボタンタイプの服装で寝ることも大切です。前ボタンタイプの服装であれば、夜暑くて汗をかいたとしても、着替えがしやすくなります。寝ぼけていたとしてもすぐ気が得ることができるのは大きなメリットです。寝る時の服装選びで大事なのが、体を締め付けないデザインの洋服にすることです。締め付けがゆるい服装で眠ることによって、リラックスしやすくなりますのでオススメです。

夏寝る時に適した素材

夜寝汗をかきやすい夏場はどんな素材でできた服装を選ぶべきなのかわからないと悩む人は多いでしょう。夏は、ガーゼタイプやサッカー生地、クレープで作られた素材の服装で寝ることが重要です。ガーゼタイプの生地は、木綿を平織りにして作られており、通気性と吸湿性に優れています。また、乾燥しやすい素材ですので、汗を乾かしやすく、気持ち良く睡眠を取ることができるでしょう。

サッカー生地は、別名しじら織りとも呼ばれており、生地の表面部分が凸凹しているのが特徴的です。サッカー生地は肌が服に触れにくい素材ですので、夏にピッタリです。クレープ生地は、ちぢみ織りと呼ばれることもある素材です。肌触りが良く凸凹した表面が空気を通しやすくするため、快適な睡眠を取ることができます。夏場に適したこれらの生地で作られた服装で眠ることで、しっかり体を休めることができるでしょう。

寒い冬に適した素材

体が冷えやすい冬の時期に適した素材として有名なのが、三重ガーゼやスムースニット、フランネルです。三重ガーゼは肌触りの良いガーゼ生地を3枚重なり合わせて作られます。保温効果が高い三重ガーゼは温かく吸湿性があるので冬にピッタリの素材と言えます。

スムースニットは、乳幼児の肌着にも採用されている素材です。伸縮性があり、肌触りの良さが魅力的です。フランネル生地は、柔らかい肌触りが特徴的です。保温効果が高く、体を温めてくれます。

服装を考えて眠ることの重要性

どのような服装で寝ても寝ていることに変わりは無いと思っている人もいるのですが、服装選びは快眠に欠かせません。ごわごわとした素材の服やタンクトップなど体を冷やす服装を選んでしまいますと、体調を崩したり寝心地が悪く夜起きてしまう可能性があります。体調を崩したり夜しっかりと眠ることができずに不眠症などを引き起こしてしまいますと、翌日スッキリとした目覚めをすることができなくなります。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る