睡眠時にかく汗の特徴と気をつけるべきこと

睡眠を取った後、汗をかいて目覚めてしまった経験を持つ人はたくさんいます。寝汗は部屋の温度や体調などによって発生するものなのですが、睡眠中にかく汗はどのようなサイクルで発生するのかや、大量の寝汗をかくことでどのようなリスクがあるのかについて、きちんと学んでみましょう。

ストレスが原因で寝汗をかく

仕事のノルマや家庭環境で生まれるストレスは、寝汗を発生させる原因になります。ひどいストレスを感じてしまいますと、自律神経のバランスが崩れ、交感神経と副交感神経の働きが上手くいかなくなってしまいます。その結果、睡眠時の体温のバランスを整えることが難しくなり、大量の寝汗をかいてしまいます。それゆえ、ストレスを過剰に溜めないよう、旅行に行ったり美味しいものを食べたりしながら上手にストレス発散をしましょう。

アルコールを飲みすぎると寝汗をかいてしまう

ビールやワインを飲んで眠った日の翌日は寝汗をかく人はたくさんいるでしょう。ビールやワインに含まれているアルコールは、有害な成分として認知されているアセトアルデヒドを生み出すと言われています。アセトアルデヒドは肝臓の中にある酵素の働きによって、酢酸に変化します。変化した酢酸は水と二酸化炭素に分別され、汗や尿などと一緒に体の外へ排出されます。この働きによって、寝ている間にたくさんの汗をかいてしまいます。

多くの女性が抱える生理の前に寝汗をかくことが多い

女性の多くが決まったサイクルで整理が起きるのですが、整理が起きる前になると、睡眠時に寝汗をかくことが多くなります。女性は生理前になるとプロゲステロンの働きによって、体の温度が0.3度から0.5度ほど高くなります。これは、基礎的な体温が高温気に突入していることが原因です。そのけっか、汗をかきやすくなり、睡眠時に寝汗をかくことが多くなります。整理が始まると体調の変化と同時に寝汗の症状が改善されます。

ひどい寝汗に注意しよう!

睡眠時に寝汗をかくことは体の温度を調節する意味で重要なのですが、大量に寝汗をかくことはあまり良い事とは言えません。ひどい寝汗が原因で夜中起きてしまうことが多く、睡眠が浅くなってしまいます。そのため、睡眠の質が悪いまま眠ってしまいますので、睡眠不足になってしまう危険性があります。

また、ひどい寝汗をかいてしまうと朝起きた時に自分の体臭が気になってしまいます。自分の嫌な体臭が気になる状態で起きることはストレスを感じてしまうでしょう。ひどい寝汗はデメリットがいくつかありますので、注意が必要です。

ひどい寝汗を改善する方法

ひどい寝汗は睡眠不足や汗による嫌な体臭を生み出す原因になるため、改善策を把握して実行する必要があります。ひどい寝汗を改善するには、寝室に除湿機を導入しましょう。寝汗は部屋の湿度と温度が関係しますので、除湿機を活用して快適な室内で睡眠を取るようにしましょう。

また、パジャマやシーツを通気性の良いものにするのも効果的です。通気性が良いパジャマやシーツを導入することで、ある程度寝汗をかいたとしても、気になることはありません。寝汗による不快な気分を改善することができますので、ぜひ参考にしてみましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る