睡眠時にいびきをする人は要注意!

睡眠時、しらないうちにかくのがいびきです。いびきは横で眠っている人にとって騒音となるため、本人は気持ちよく眠っていても、周りに迷惑をかけてしまいます。また、いびきはかいている人も注意すべき症状です。いびきがどのようにして発生するのかや注意点、改善方法について学ぶことが大切です。いびきについて多くのことを知って、症状を改善させましょう。

いびきの基本について学ぶことが重要

いびきは、睡眠時に空気が通る上気道部分が震えることで発生する独特の音です。いびきは上気道部分が狭まってしまうことで生まれます。いびきの大きさは人によって差があり、あまり気にならない人がいれば、隣で寝ている人を起こしてしまうほどの大きさでかく人もいます。いびきは口の中を乾燥させ、刺激を感じることがあるため、良い睡眠を取ることができません。

いびきをかきやすい人の特徴

いびきは男女関係無く誰でもかくものです。いびきをかきやすい人の特徴はいくつかあるため、しっかりと確認しておきましょう。いびきは年齢を重ねたり、肥満になったりすると発生しやすくなると言われています。また、首が太く短い方や下あご部分が他の人に比べて小さい方もいびきをかきやすくなっています。

いびきに気をつけよう!

睡眠時にかくいびきは、あまり知られていないのですがかくことで体に悪影響を及ぼしてしまいます。いびきをかく人の多くが口で呼吸をしています。口を開けて呼吸をすることで、周りに浮遊している雑菌が口の中に入りやすくなってしまいますので、風邪をひきやすくなってしまします。

また、口呼吸をすることで睡眠時無呼吸症候群の発症や免疫力が落ちたり成長ホルモンの分泌量が低下したりする危険性がありますので、気をつける必要があります。いびきは誰でもかくものだからとそのままにしてしまうと、体調を崩してしまうことがありますので、早めに治療をすることが大切です。

いびきをかく人が発症する睡眠時無呼吸症候群は、心不全や不整脈などの合併症を引き起こすリスクがありますので、いびきのことを簡単に考えてはいけません。

いびきの症状を改善するには

睡眠時のいびきは、病気を引き起こすリスクがあるため、早めに対処することが重要です。いびきに悩んでいる人は、どのようにすれば症状が改善できるのかを把握し、実行しましょう。いびきを改善するには、上気道を狭めないようにする工夫が必要です、それゆえ、眠る時は仰向けになるのでは無く、横向きになって気道を確保しながら寝る必要があります。

太っている人は、ダイエットを行うことでいびきを改善することが可能です。ダイエットをして体重を落とすことにより、首周りの脂肪を除去することができ、上気道周りの脂肪が無くなりますのでいびきをかきにくくなるでしょう。

また、いびき対策に効果を発揮するグッズがスーパーやドラッグストアなどで販売されていますので、購入してみるのも良いでしょう。もし、これらの対策を講じても症状が改善しない時は、我慢せずに医師に相談することが大切です。素人ができることには限度がありますので、重症化しているのであれば、専門の知識を持つ医者にアドバイスをもらいましょう。

 

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る