睡眠前のチョコレートは避けよう!快眠のためのチョコの活用法5選

チョコレートとリラックス効果

甘くておいしいチョコレートにはリラックス効果があり、高ぶった交感神経を静めて穏やかな気分のスイッチを入れる副交感神経を活発化させます。また、チョコレートの味や風味が特に好きな方はチョコレートを食べることで睡眠しやすくなります。

睡眠とチョコレート

睡眠に良い効果があるチョコレートですが、睡眠の前に食べてしまうと逆に眠れなくなる可能性があります。チョコレートが睡眠を妨げる原因は、チョコレートに多く含まれているカフェインです。
コーヒーを飲むと眠れなくなることがあるように、カフェインは覚醒作用を持っていて、チョコにも多く含まれています。ただ、チョコレートにぐっすり眠る効果があるのは事実なので、睡眠のためにチョコレートを使う際にはタイミングが重要と言えます。

ストレスが増えるタイミングで食べよう

チョコレートを食べるベストなタイミングは、日中のストレスが多くなる時間帯です。日中は仕事、学校、家事などで活動量が多く、疲労が生じてストレスが蓄積されます。すると、そのストレスから寝付きづらくなったり、夜中に目覚めたり、起床ができなかったりといったトラブルが起こります。
リラックス効果を持つチョコレートを日中食べることで、朝から昼間の忙しさで溜まるストレスの量を少なくし、夜を快適に過ごすことが可能です。ただし、少量であれば睡眠前のリラックスにも効果があります。

ビターチョコレートは控えめに

ストレスを緩和して睡眠の質を上げるチョコレートですが、ビターチョコレートには睡眠しづらくなるカフェインが他のチョコレートより多量に含まれています。しかし、食べてはいけないわけではなく、ビターチョコレートを食べる際はひとかけらやいつもの量の3分の1にしておくなど、量を変えれば問題ありません。

家族で睡眠のためにチョコレートを!

睡眠しやすくするためにチョコレートを適量食べる際、家族と同居していればみんなでチョコレートを共有するようにしましょう。家族で団らんすることでリラックスできますし、チョコレートの睡眠に対する作用を家族全員で共有できます。子どもの場合はカフェインの影響を受けやすいため、お子様がいれば大人が食べる量の半分から3分の1程度のチョコレートを食べてもらうように注意しましょう。

チョコレートの食べ過ぎには注意

どんな食品、健康補助食品にも言えることですが、たとえ睡眠にプラスの影響をもたらすものでも、食べ過ぎるとマイナスの作用が働いてしまいます。チョコレートは糖分を多く含んでいるため、食べ過ぎは肥満に繋がり、それが睡眠時無呼吸症候群を引き起こすきっかけになることがあります。
また、チョコレートの成分には虫歯を予防する効果を持つものが含まれてはいますが、市販のチョコレートの多くは虫歯を起こすその他の成分も多く加えられているため、食後に睡眠する際には歯磨きもしましょう。

睡眠気分に切り替えるために使う

チョコレートを睡眠改善に導入する場合、薬とは違って急激な効果をもたらすものではないという知識を持ったうえで活用するようにしましょう。毎日チョコレートを睡眠前に少しだけ取ることで、心身が睡眠に入るためのスイッチとして機能します。含有しているカフェイン量を考慮しつつ、ほんの少しだけチョコレートを睡眠に役立てるイメージを持ちましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る