睡眠前に涙を出すと良い2つの理由

大人になってから、沢山の涙を流す機会は減ったという人が多いはずです。
感情をコントロールできる大人は、涙を流すことが減って行きます。
しかし、涙を流すことはストレス発散効果もある行為です。
涙を流すと、自律神経のバランスが整うことが大きな理由です。
自律神経は、睡眠の質を向上させるために非常に大きな役割を果たします。
そのため、睡眠前に涙を流すという行為は安眠に繋がります。
他にも様々なメリットがあるため、睡眠と涙の関係について見て行きましょう。

睡眠前の涙は美容にも繋がる

涙を流す事は、良いことではないという印象が強い人も多いのではないでしょうか。
しかし、1ヶ月のうち数分でも涙を流すと、美容効果が期待できます。
ポイントは、自ら進んで涙を流すという事です。
「涙を流そう」と意識をすると、脳では「セロトニン」と呼ばれる物質の分泌が起こります。
セロトニンとは神経伝達物質であり、感情をコントロールして落ち着かせる、気持ちを穏やかにする効果がきたいできます。
日中に活動する際に優位になっている交感神経から、リラックスさせて良い眠りに導くための副交感神経へと切り替わる際にも、このセロトニンが分泌されます。
副交感神経に切り替わることで質の良い睡眠をとる事ができると、細胞を修復する成長ホルモンも分泌されます。
肌細胞の修復や発達を促すことで、美容にも効果が期待できるという事です。
睡眠前の涙によって、質の良い睡眠、美容の2つの嬉しい効果が期待できます。

映画や音楽で涙を流す

悲しい涙などは、リラックスする感情を妨げることに繋がります。
そのため、映画や音楽の歌詞など、感動する事で涙を流すことを目指しましょう。
自宅で、1人で感動する映画を鑑賞すると、周りの目を気にせずに涙を流すことができます。
友人や家族と共感しながら感動の涙を流すということも良いでしょう。
非常に有意義な時間を過ごすことができたという感情も加わり、更に高いリラックス効果が期待できます。
涙を流すという行為は、意外にも体力を必要とします。
1ヶ月に数分でも効果は期待できるため、毎日行う必要はありません。
慣れてきてからは、週末のストレス発散などに取り入れましょう。
また、涙を流した直後は脳が興奮状態になっている場合が多いです。
涙を流した直後に睡眠をとろうとしても、すぐに寝つけない場合が多いでしょう。
涙を流した後は、1時間~2時間程度時間をおき、気持ちが落ち着いてから就寝します。
上手く気持ちを切り変えて、質の良い睡眠を目指しましょう。

睡眠前の涙は健康に繋がる

予期せぬトラブルや、嫌な事があるとイライラしてしまうなど、避けられないストレスも沢山あります。
これらは自律神経の乱れに繋がり、リラックスした状態から入眠するための副交感神経へ切り替えることができなくなります。
寝つけなかったり、睡眠不足になるなど、睡眠の質を低下させることに繋がります。
自律神経を整える方法は、可能な限りストレスを減らすことが有効です。
最も簡単に行う事ができる方法であり、尚且つ効果が高い方法が涙を流すという行為です。
質の良い睡眠や、美容効果を期待して1ヶ月に1回だけでも取り入れてみると良いでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る