睡眠前にアルコールを飲む人に知ってほしいこと

ビールやワイン、ハイボールなどアルコール飲料はたくさんの種類があり、20歳を迎えることで飲むことが可能になります。アルコール飲料は、美味しく飲むことができるのですが、いくつか気をつけなければいけない点が存在します。アルコール飲料と上手に付き合い、睡眠の質を低下させないために知っておくべきことは何か、把握しておきましょう。

アルコールを飲む量に気をつけよう

アルコールを飲むときは、適量を知っておくことでリラックス効果が期待でき、気持ちよく眠ることができます。アルコールに対する耐性は人によって異なるのですが、毎日のように飲むのであれば、1日につき20gが適量です。これは、ビールであれば中瓶1本、ウィスキーダブルの場合は1杯の量です。40g以上のアルコールを摂取してしまいますと、依存症になるリスクが高まってしまいますとの、注意が必要です。

アルコールを飲むときは、できるだけ食後に飲んで、寝るまでに時間を空けることが大切です。睡眠前にアルコールを飲むことを習慣にしてしまいますと、気付かない間に飲む量が増えてしまう危険性があります。また、アルコールには利尿作用がありますので、睡眠前に飲んでしまいますと夜起きてトイレに行きたくなってしまいます。それゆえ、深い睡眠を取ることができなくなってしまい、睡眠の質が落ちてしまいます。そのため、アルコールを飲むときはベッドに入る3時間ほど前に飲むことが大切です。

アルコールをたくさん飲むことで発生するリスク

アルコール飲料を適量飲むのであれば問題ないのですが、たくさん飲んでしまいますと、睡眠の質が悪化してしまう危険性があります。アルコールは、体の中で分解されるとアセトアルデヒドという成分が生まれます。この成分は、交感神経に影響を与えるとして認知されており、交感神経の働きが強くなってしまうと脳が活動していると感じてしまい、夜目が覚めてしまう原因になります。アルコールを飲みすぎてしまいますと、深い睡眠を取ることができませんので、飲む量は気をつけましょう。

寝る前にアルコールを飲むと睡眠時無呼吸症候群になる

睡眠時、呼吸が10秒を超えて停止する状態のことを睡眠時無呼吸症候群と呼ぶのですが、肥満だけが原因ではありません。実は、寝る前にアルコール飲料を摂取することで睡眠時無呼吸症候群になるリスクが発生します。アルコールは筋肉をゆるめる作用があり、寝ている間に喉の筋肉がゆるんでしまいますと、起動が狭められ、結果的に睡眠時無呼吸症候群になる危険性があります。

休肝日を設けよう

適量のアルコールを摂取することで眠りやすくなるのですが、毎日のように飲み続けることは肝臓に大きな負担をかけてしまいます。肝臓に負担がかかってしまいますと、管脂肪や肝臓癌などの病気を発症するリスクがありますので、肝臓を労わりながらお酒を飲むことが大切です。お酒が好きで、毎日のように飲みたいという人でも、体のことを考えて1週間に1日もしくは2日は肝臓を休めるためにお酒を控えることが大切です。楽しくお酒と付き合うことができれば、睡眠しやすく楽しい気分を味わうことができますので、お酒に依存しないように気をつける必要がります。

 

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る