睡眠前にしっかり水分補給をしよう

人間が必要とする水分は1日あたり1.5リットル~2リットルです。水やお茶を飲んで水分補給をすることができるのですが、大人は体の5割、子供の場合は7割が水分です。毎日を健康的に過ごすために必要とされている水分ですが、水分が私達の体にどのような影響を与えるのかや、睡眠前に水分補給することの大切さについて知ることで、水分がどれだけ大切なのか知ることができるでしょう。

水分が人体に与える影響

水分は、我々人間が健康的に暮らすのに欠かせない成分です。水分は、体温を調整する働きがあります。気温の高い日や体を動かしている際に体から出る汗は水分でできており、汗を出して蒸発させることで体温を下げ、適度な体温を維持することが可能です。体温が上がりすぎると体調を崩してしまう原因になります。それゆえ、体温を調整してくれる水分の働きはとても大切なものです。

また、水分は食事の際に摂取した栄養素や空気中の酸素を細胞の中に運ぶ役割もあります。栄養成分を体中に運ぶ血液の多くが水分でできており、体が必要としている成分を体中に浸透させるためには、水分の存在が欠かせません。

体の中に蓄積された老廃物を外に出す働きも水分が行っています。老廃物や腐敗物を腎臓に運んでくれるのが水分です。腎臓に運ばれた老廃物は、腎臓で不必要なものと判断され、体の外に水分と一緒に排出されます。人間の体を健康的に維持するために欠かせない水分が不足しないよう、しっかりと水やお茶を飲んで摂取することが大切です。

睡眠前に水分を補給しよう

体を健康的に維持するために欠かせない水分ですが、睡眠前にしっかり摂取することが大切です。私達は、睡眠時知らないうちに汗をかいています。汗をかく量は気候によって異なるのですが、成人を迎えている人の場合、500ミリリットルの水分が必要不可欠です。必要とされている水分を摂取しないと、血液の濃度が高まり、サラサラと体内を流れることが難しくなります。そうならないために、夜寝る前に水分をきちんと取ることが大切です。ただ、コーヒーなどカフェインが入っている飲み物は温めてもカフェインの働きで目が覚めてしまいますので、カフェインが入っていない飲み物を選ぶ必要があります。

睡眠前は冷たい飲み物を飲まないようにしよう

睡眠前に水分補給をすることは大切なことなのですが、冷たい飲み物はできるだけ避けることが大切です。人間の体内温度を意味する深部体温は、昼活動している時は温度が高く、夜寝ている際は温度が低くなります。冷たい飲み物を飲んでしまいますと、体が冷えてしまい、深部温度が下がりにくくなってしまいます。その結果、質の悪い睡眠を取ってしまうことになってしまうため、睡眠不足などに悩まされてしまう危険性があります。それゆえ、寝る前はできるだけ温かい飲み物を飲むようにしましょう。

水分補給は睡眠の30分前に補給することが大切

寝る前に水分補給を取ることは血液の流れを良くするために欠かせないのですが、いつ飲むべきなのかをきちんと理解する必要があります。水分補給をする時は、睡眠の30分がベストなタイミングです。ベッドに入るタイミングなど、寝る寸前に水分補給をしてしまいますと、足がむくみやすくなってしまいます。足のむくみが気になる人は、寝る30分前に水分補給をしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る