睡眠中に足がつる?!原因や予防を紹介します!

誰もが一度は経験したことがあると言えば、足がつること。「こむら返り」とも呼びますが、突然つると痛いし動けないしで大変ですが睡眠中になったことはありませんか?もう、あんな思いはしたくないと思いませんか?そこで、睡眠中に足がつる原因や予防する方法を紹介したいと思います。

足がつる原因は?!

意外と多いとされている足がつるといった症状ですが、主な原因は4つありましたので紹介していきます。

・ミネラル不足
水は多くのミネラルを含んでいますが、このミネラルが不足するとこむら返りがなりやすくなってしまいます。

・睡眠不足
人間は寝ている間にコップ一杯の汗をかくと言われています。寝ているときにトイレに起きたくないといった理由で睡眠前に水分を取りたがらない人も多いと思いますが水分不足でこむら返りが起こりやすくなってしまいます。寝る前にはコップ一杯、もしくは半分でも良いので飲んで寝てみてください。

・冷え
足が冷えると筋肉が収縮してしまい緊張状態になってしまいます。その時に急に足を伸ばそうとするとロックがかかってしまい足がつるということがあります。夏場はクーラーや扇風機、冬は寒さによって足が冷えやすくなってしまいます。

・筋肉疲労
通常、寝ている間は筋肉は緩んでいる状態になっています。しかし昼間に運動などをしたことで筋肉が疲れている場合などに寝ている間も筋肉が緊張して痙攣を起こし足がつるという仕組みになってしまいます。

また、睡眠中に足がつる人は特に中高年の方に多いと言われています。この背景には様々な理由があります。

加齢による筋肉量の減少
脱水症状
動脈硬化による血行不良
薬の副作用

などが挙げられます。この原因は若い人にはピンときませんが中高年の方々は様々なな原因が重なって足がつる頻度が高くなってしまいます。

睡眠中に足がつらない予防

睡眠中に足がつる人は多いですが、その原因には血液不良が挙げられます。ここでは就寝前や起床後などに分けて効果的な予防策を紹介していきます。

・就寝前
寝る前にはお風呂に入り足を温めましょう。冷えが原因でも足がつりますので、しっかりと足を温めてから、入浴後にはマッサージやストレッチをしたりなど体全体を温めることで予防できます。

・就寝直前
足が冷えると、つりやすくなりますので寝る時は冷えにくくする工夫が大切です。例えばレッグウォーマーや靴下を履いて寝たり、湯たんぽに足を乗せて寝る事で足がつる予防にもなり、安眠の効果も期待できます。

・起床後
起床後も足がつりやすくなります。急に足や腕をピンッと伸ばすとつりやすいので、ゆっくりでいいのでストレッチをしましょう。もう一つはコップ一杯の白湯を飲むことです。これを飲むと体が温まり内臓も活発になります。起床後はストレッチと白湯を飲むことで基礎体温も上がり、基礎代謝も上がりますのでお勧めです。

予防に効果的な栄養素

足がつる原因の一つに栄養素も関係してきます。足がつりにくくする私たちに大切な栄養素について紹介していきます。

マグネシウム
カルシウム
タウリン
ビタミンB1
カリウム
ナトリウム

この6つが足がつることを予防することができる栄養素となります。これらを少しだけ意識して摂取することで足がつることを予防出来ますので是非、摂取することを意識してみてください。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る