睡眠不足は糖尿病リスクを高める

世界中で糖尿病に悩んでいる方は多く、その数は4億人を超えます。糖尿病による合併症は網膜症や神経障害などがあるのですが、糖尿病になるリスクは不眠によって高まることがわかっています。睡眠不足と糖尿病の関係について学びましょう。

糖尿病患者の多くが睡眠障害を抱えている

糖尿病を患っている人は健康的な体の人に比べて寝つきが良くなく、夜中に目覚めることがわかっています。これは糖尿病の人が健康な人に比べてヘモグロビンA1cが高いのが原因だと言われています。糖尿病患者の多くが低血糖を恐れており、間食やアルコールを摂取したりします。寝る前に間食を取ると寝ている間も胃袋が動くので体を休めることができませんし、アルコールも摂取しすぎると夜中起きる原因になってしまいます。それゆえ、糖尿病患者の多くが睡眠障害になりやすいと言われています。

睡眠不足が糖尿病のリスクを高める要因

睡眠不足による糖尿病を発生させる要因について学びましょう。睡眠不足になってしまいますと、日々の生活で活動性が低下してしまいます。そうなると、交感神経の働きが強くなってしまい、血糖値が高まってしまいます。その後、体内のインスリンの働きが弱まってしまい、交感神経によって高まった血糖値を下げるために膵臓に負担をかけてしまいます。その結果、すい臓が披露してしまい、インスリンの分泌が難しくなってしまいます。その結果、どんどん血糖値が上がってしまい糖尿病を発症してしまいます。

健康に気を使っていたとしても、睡眠不足で膵臓に負担をかけてしまいますと誰でも糖尿病を発症するリスクがありますので、睡眠前にリラックスして副交感神経の働きを強めるなど、糖尿病のリスクを防ぐことが大切です。

糖尿病の人が睡眠不足になりやすい理由

糖尿病患者の多くが、睡眠不足に悩まされています。糖尿病の方は血糖値が高く、健康な人に比べてのどが渇きやすくなります。そのため、人より多く水分を補給します。寝る前にたくさんの水分を補給してしまうと、夜トイレに行きたくなって起きる予定の時間よりも早く目が覚めてしまいます。それゆえ、快眠することが難しく、睡眠不足で悩むことになります。

睡眠を取って生活習慣を改善することが大切

糖尿病の人でも、不眠症の治療を受け、改善させることで症状が改善することが久留米大学の研究によって証明されています。睡眠不足の方が投薬療法などを受けることによって血糖値や朝の血圧が下がると判明していますので、睡眠不足に悩んでいるのであれば、専門医に相談して症状を改善させることが大切です。

睡眠不足を解消させ、生活習慣を見直すことによって糖尿病の発症リスクを抑えることができますし、糖尿病患者の場合は症状の悪化を予防することが可能です。バランスの良い食事を取り、ウォーキングなど運動をしっかりとしながら健康的な体を維持すると、糖尿病の予防や症状の悪化を食い止めるために欠かせませんので、できるだけ時間を作りましょう。最初からハードなトレーニングを行ってしまいますと、怪我をしたり三日坊主になったりすることがありますので、無理せず、自分に合ったトレーニングから始めることが大切です。

 

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る