睡眠不足に効果を発揮するつぼを知ろう!

睡眠不足は体調を崩してしまう原因になるため、改善させる必要があります。睡眠不足を解消させることができる方法はいくつかあるのですが、気軽に行うことができるつぼ押しをやってみましょう。特殊な道具を準備する必要がありませんし、いつでもどこでも刺激することができます。睡眠不足が起きる原因やそのまま放置することの危険性を学びながらつぼを刺激して不眠症を解消させましょう。

不眠症が生まれる原因について学ぼう

ベッドや布団の中に入ったとしても、寝るまでに時間がかかると困っている人はたくさんいます。夜眠ることができなければ、翌日の昼活動しなければいけない時間帯に眠気が襲ってしまう危険性があります。不眠症はストレスなどの精神的な原因で発症する場合やカフェインやアルコールが原因で発生します。体温が低めの人も不眠になりやすいので、温かいお茶などを飲んで、体温を高く維持することが大切です。

夜睡眠を取ることが難しい時に刺激するべきつぼ

私たちの体には、つぼと呼ばれている部分があり、その数は300を超えます。東洋医学では、つぼを刺激することで体の不調を改善できると考えられています。人間の頭部には、百絵と呼ばれている経路が交差するつぼが存在します。百絵は、頭部の中心部分にある指で押すとへこむ箇所にあります。百絵と近くにある四神総と呼ばれているつぼを指で刺激することで、体内の血流が改善し、自律神経を整えてくれます。その結果、ストレスなどによる睡眠不足を解消することが可能です。

また、足のかかと部分の中心部分にある失眠穴も効果があるつぼです。高まった神経を低下させる効果があり、自然と眠気が出てくると言われているつぼで、不眠症などに効果があります。交感神経の働きが激しくなることでベッドに入っても睡眠を取ることが難しくなってしまいます。そのような時は丹田と呼ばれているつぼを刺激しましょう。丹田は、おへそから下に3cmから5cmほど移動した場所にあります。両手の掌で優しく押すことが大切です。

つぼを刺激する際の注意点

睡眠不足などの解消をするためにつぼ押しをする人は多いのですが、素人がつぼ押しをする時はいくつか注意すべきことがあります。つぼ押しは、妊娠中で安定期に入る前の女性は押してはいけないと言われています。また、刺激するつぼの周辺に怪我をしたり火傷を負ったりした時も刺激してはいけません。無理に刺激をしてしまいますと、体調を崩してしまう危険性がありますので、体調の良い時につぼを押しましょう。

睡眠不足状態をそのまま放置してはいけない

睡眠不足などの症状で悩まされている人の中には、いずれ完治するだろうからと放置してしまう人がいます。睡眠不足や不眠をそのままにしてしまいますと、うつ病になるリスクが高まったり、高血圧の症状が悪化してしまう危険性があります。さらに、睡眠不足が原因で昼間眠くなった状態で活動してしまいますと仕事や学業に悪影響を及ぼしてしまうことがありますので、つぼを押したり専門医に相談をしたりするなど、早めに対処する必要があります。後で後悔しても遅いので、なかなか眠ることができないと悩んでいるのであれば、早めに対処しましょう。

 

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る