睡眠不足が薄毛の原因になる2つの理由

薄毛になる理由はいくつか存在していますが、その理由の1つが睡眠不足によるものです。
なぜ睡眠不足が薄毛に繋がるのでしょうか。
主な理由と対策方法を見て行きましょう。

睡眠不足で頭皮を修復できない

昼間に受ける紫外線や乾燥、埃などの外部刺激によるダメージは、寝ている間に成長ホルモンによって修復されます。
しかし、睡眠不足によって、頭皮と髪の毛に行き渡る成長ホルモンの量が減少してしまいます。
その結果、頭皮と髪の毛は修復されずに弱って行くという事です。
睡眠中に身体を修復するためのエネルギーは、身体を動かすために必要となる内臓や機能から順番に供給されます。
頭皮にエネルギーを行き渡らせる優先順位は低く、睡眠不足でエネルギーの量が減少すると最初に頭皮と髪の毛に影響を及ぼします。

睡眠不足によるストレスで薄毛になる

慢性的な睡眠不足によって、自律神経が乱れるとストレスに弱くなります。
情緒不安定になり、さらにストレスを溜めるという悪循環になるでしょう。
ダメージを修復するといった直接的な原因では無いものの、ストレスは頭皮以外にも影響を及ぼします。
ホルモンバランスが乱れ、毛髪の生え替わりが上手く行かないために薄毛になる可能性が高くなります。
また、ホルモンバランスが乱れることで肌トラブルも招き易くなるでしょう。
頭皮も皮膚であるため、頭皮の乾燥や肌荒れによって薄毛に繋がる可能性が高いです。

睡眠の質も薄毛に関係する

仕事が忙しい、家事や育児が忙しいなどの理由から、睡眠時間を確保できない方も多いのではないでしょうか。
忙しかったとしても、数日であれば回復することが可能です。
しかし、数か月など慢性的な睡眠不足は薄毛になる大きな原因となります。
また、睡眠時間は十分であっても、睡眠の質が悪いと身体が修復されません。
眠りが浅い、夜中に起きてしまうなど、睡眠の質が悪いと感じている場合には、寝室の環境を変えるといった工夫も検討しましょう。

不規則な生活も薄毛に繋がる

睡眠時間は十分であっても、睡眠を取っている時間帯が不規則な場合は薄毛に繋がります。
夜の22時〜深夜2時までの間は、頭皮や髪の毛、身体全体の修復作業が行われる時間帯であるといわれています。
例えば、朝の2時に就寝し、昼の12時に起床する様な生活をしている場合、睡眠時間は十分でも修復作業が行われていません。
そのため、薄毛に繋がる可能性があるでしょう。
髪の毛の細胞も弱くなり、細い髪の毛になってしまいます。
夜22時〜深夜の2時までは熟睡している状態が望ましいです。

精神状態も安定させる

睡眠不足や、睡眠の質が低下する事によって、薄毛になる可能性があります。
睡眠不足による薄毛の原因は、成長ホルモンによって身体のダメージが修復できていないために起こるといわれています。
また、睡眠不足は自立神経にも影響を及ぼし、精神面も不安定になり薄毛が進行する原因にもなるでしょう。
自立神経が乱れると、イライラすることが多くなります。
睡眠不足と自立神経の乱れは、悪循環となり薄毛以外の体調不良も招きます。
睡眠不足でイライラしていると実感した場合には、就寝前にリラックスできる時間を作るなど、自分に合った方法でリラックスしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る