睡眠不足が原因で様々な病気になる危険性がある

なかなか眠ることができずに朝を迎える睡眠不足ですが、睡眠不足はただ睡眠が不足しているだけだから大丈夫だと思っている人は多いでしょう。実は睡眠不足が原因で様々な病気を発症するリスクがあるため、軽く考えてはいけません。睡眠不足になるとどのような症状が起きてしまうのかを学び、改善方法などを学ぶことが大切です。

睡眠不足が原因で肝臓や腎臓に悪影響を与える

睡眠不足により、腎臓や肝臓に悪い影響を与えてしまいます。腎臓は糸球体と呼ばれており、ろ過を行う中心的な存在です。腎臓によって血液の中にある老廃物などを除去して尿になり、体の外に排出されます。しかし、睡眠不足が原因で体の免疫力が落ちてしまいますと腎臓のろ過の働きが落ちてしまい、老廃物などを外に出すことが難しくなってしまいます。その結果、体の中にある臓器に悪影響を与えてしまいます。

また、睡眠不足は肥満の原因として認知されており、肝臓にも悪い影響を与えてしまいます。肝臓は体中の糖分を溜めた後に分解し、筋肉の元になるグリコーゲンになります。睡眠不足が原因で太ってしまいますと、肝臓が対応できない量の糖分が蓄積されていき、最終的に脂肪感になります。脂肪感になってしまいますと、肝臓の働きが低下し、肝臓病を引き起こすリスクが高まってしまいますので、睡眠をきちんと取る必要があります。

睡眠不足はうつ病になりやすくなる

仕事でのプレッシャーや人間関係などが原因で夜眠ることができなくなり、睡眠不足になる人は多いのですが、睡眠不足はうつ病を発症する危険性があります。気になることがあって夜眠れなくなり、睡眠不足が続いてうつ病になってしまう人がたくさんいます。うつ病になると回復するまでに時間がかかります。しっかりと体を休めながら治療を行う必要がありますので、うつ病になりたくないのであれば、夜質の高い睡眠を取ることが大切です。

寝るまでに時間がかかる人の改善方法

夜布団に入ってから眠るまでに時間がかかる睡眠不足に悩んでいる人はたくさんいます。寝るまでに時間がかかってしまうのは、眠ることができないことに対しての不安や体内時計が狂ってしまうことなどが原因です。布団に入ってなかなか眠ることができない人は、寝る前に緊張をほぐす必要があります。仕事や学業のことを考えてしまうと不安になってしまい、交感神経の働きが強くなってしまいます。その結果、脳が覚醒状態になってしまいます。静かな音楽を聴いて布団に入るなど、リラックスできる環境を作ることが重要です。

寝る前に食べたりお酒を飲んだりしてはいけない

睡眠不足の原因と言われているのが、眠る前に食事をしたり、アルコール飲料を飲んだりすることです。寝る前に食事をしてしまいますと、睡眠中でも胃袋の中に食べ物があり、胃が硝化活動を始めます。その結果、体をきちんと休めることができませんので、質の悪い浅い眠りになってしまいます。

また、アルコール飲料は寝つきは良くなるものの睡眠の質事態は悪くなってしまいますので、あまり良いことではありません。どうしてもアルコール飲料を飲みたいのであれば、就寝の3時間前に飲みましょう。3時間かけて体からアルコールを抜き、それからベッドに入って眠るようにしましょう。

 

 

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る