睡眠不足が体に及ぼす影響とその対策

suimin

睡眠不足は悪影響

睡眠は私たちが生きていく上で欠かせない生活サイクルのひとつです。睡眠が不足すると、身体には様々な悪影響が現れます。では、具体的には睡眠不足によって私たちの身体はどのような状態になるのでしょうか?

睡眠不足による集中力の欠如

睡眠が不足すると、大脳が疲労を回復できず、感情のコントロールがきかなくなるなどの障害が出てきます。頭痛、全身のだるさ、集中力の欠如といった症状も出てきます。

肌荒れの原因は寝不足

睡眠が不足すると、成長ホルモンが不足し、子供の成長にも悪影響ですし、子供だけでなく、大人までも悪い影響を受けます。体内に老廃物が溜まってしまい、血管が詰まったり肌や頭皮が新しく生まれ変わらないなど様々な弊害が出てきます。

睡眠不足になると肌が荒れて化粧のりが悪くなるのは、多くの女性が経験から知っています。質の高い睡眠をとることによって、たっぷりと成長ホルモンを分泌させて肌の新陳代謝を高めれば、朝起きたときの肌の調子がまったく違います。眼の周りにクマができるのも、成長ホルモンの不足が原因です。

睡眠不足は免疫力の低下させる

睡眠が不足すると、体の免疫が低下し、風邪をひきやすくなってしまいます。また、風邪を引いた状態でさらに睡眠が不足すると、風邪が悪化したり、長引いたり、別の病気にもかかったりします。

寝不足になることでストレスがたまる

睡眠中には、ストレスの原因となる有害物質を除去してくれる役割のある、睡眠物質が発生するが睡眠不足により、これが分解されず、ストレスがたまり、精神面での病気にかかってしまいます。

睡眠不足は居眠りの原因

日本の睡眠時間は、韓国に次ぐ世界で二番目に短く、現代では24時間営業しているお店もあったり、夜中までテレビが放送されたり、SNSをしたり、と様々な要因で睡眠不足くとなっています。現代の社会では、学校での授業中に居眠りや朝起きれなくて遅刻する、さらには、居眠り運転などで交通事故を起こし他人の命まで奪う、といった様々な生活面への影響がでています。

対策方法

睡眠不足を解消するには様々な方法があります。

質の高い睡眠を取る

質の高い睡眠をとることにより、忙しい現代の社会でも短い時間で質の高い睡眠をとることにより、様々な、悩みが解決されます。
長時間寝ていても、睡眠の質が悪ければ身体の疲れが取れないどころか、かえって体力を使ってしまうことになりかねません。飲酒や寝る直前の飲食、喫煙などは脳を活性化させてしまうため、睡眠の質を下げます。また、いい睡眠には適度な運動が必要ですが、寝る直前に行う過度な運動は神経を興奮させてしまうため避けましょう。

適度な運動をする

適度な運動で日中に体を動かすことで、夜間の質の高い睡眠の繋がります。また、適度な運動を行い汗を流すことはストレスの解消にもなります。

スマホは触らない

夜寝る一時間前にスマホを触ると、スマホから発するブルーライトにより、脳が強制的に目覚めてしまい、体は疲れていても、脳が起きているので、布団の中で中々寝付けないなどのことが起こってしまいます。なるべく寝る一時間前にはテレビやスマホは電源を落とし、部屋の照明も暗い明かりに切り替えることが必要です。

睡眠薬に頼らない

睡眠薬で眠るくせがつくと、睡眠薬無しでは眠れなくなってしまうことがあります。可能な限り飲まない方良いでしょう。どうしても睡眠薬や睡眠導入剤の服用が必要な場合には、医師に相談しながら服用を行うようにします。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る