睡眠・快眠・安眠資格ランキング

suimin

睡眠という行為はすべての人にとってとても大切なものです。健康的で活発な生活を送るには、質の良い快適な睡眠が大きく関わっているためです。しかし、現代ではなかなか満足のいく睡眠をとれていない人が増えているそうです。なかなか寝付けなかったり、寝ても寝ても眠い・・などの経験は誰でも一度はあるのではないでしょうか。そんな睡眠の問題を解決できるような資格が今、人気となっています。

1位 美快眠セラピスト

睡眠というのは身体への影響が大きく、十分な睡眠ができていないと不健康になったり、肌荒れの原因になったりします。そんな睡眠の問題を解決し、美しい身体を手に入れるお手伝いをするのが、美快眠セラピストという資格を持った人々です。
 眠れない原因は人それぞれ。精神的に何かストレスが溜まっていたり、布団や枕がその人に合っていなかったりと、問題の原因は様々です。美快眠セラピストは依頼者との会話の中から根本的な問題を探り出し、快方に向かうための適切なアドバイスを施す、いわば睡眠のエキスパートです。資格取得後は、専門のサロンや精神科などの医療機関などで働くことができます。
 2か月ごとの短いサイクルでの試験が在宅で受けられるため、マイペースに資格取得を目指すことができます。

2位 安眠インストラクター

日本インストラクター協会が認定する、安眠インストラクターは安らかな睡眠を約束する、寝ることの専門家としての資格です。寝ることの専門家というと少し大げさかもしれませんが、睡眠はその人の生活を大きく左右するファクターであります。
 安眠を妨害するものとして、病気などの身体的要因、ストレスなどの精神的要因、騒音や熱帯夜などの環境的要因があります。さらにその原因は人それぞれで千差万別。安眠インストラクターは、その人の状況に応じた安らかな眠りのためのアドバイスをするお仕事です。

3位 睡眠健康指導士

日本睡眠教育機構が資格認定しているのが、睡眠健康指導士です。睡眠健康指導士は、睡眠学を学ぶことで、睡眠にまつわる正しい知識を身につけ、その知識を世の中に発信し国民の健康増進に貢献するお仕事です。
 この資格は初級と上級に分けられており、上級者になると睡眠普及活動の領域を広げていくことができます。
 資格取得までに定期的に講習を受ける必要はありませんが、3年ごとに更新研修を受講する必要があります。

4位 CSAスリープケアインストラクター

日本快眠協会(CSA)が認定するのが、CSAスリープケアインストラクターという資格です。
この資格の特徴は、専用テキストが睡眠に関係する学会の理事長を務める医学博士により監修されている点です。「眠れる身体を作る」ことを長年研究してきたバックグラウンドから、医学に基づいた睡眠を知ることができる資格です。

5位 CSAスリープケアセラピスト

眠れずに困っている人が家族や友人など身近なところにいて何とかしてあげたい、という人におススメなのはCSAスリープケアセラピストという資格です。
 この資格では主にハンド、フット、ヘッド部のスキンシップを利用したリラクゼーション施術を学ぶことができます。資格取得後はご家庭で実践できるほか、自宅スクールで講師活動などをすることも可能です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る