睡眠トラブルは美容の悩みにも!美しさを保つための4つの睡眠の仕方

安眠インストラクターの口コミ評判

睡眠中以外は脳へ血液がいく

人の体の中でエネルギー消費量が非常に多いのが脳で、起床時の四肢の動きや思考、感覚は全て脳が担っています。この仕組みによって、起床時は脳に血液が多く集まっていて、睡眠中に体を血液がしっかりと巡っていきます。血行の悪化では動脈硬化などの健康上の障害が起こりますが、肌の血流が悪くなることで美容上の問題も起こってきます。

肌の回復には睡眠が欠かせない

美容の悩みが発生しやすい肌のケアを行う際には、肌がどのように修復されるのかを知っておくことが求められます。肌の回復は、皮膚の深部に新しい組織が作られた後、それが上部の古い皮膚を押し上げながら表面に出てきます。この時、表面の古い皮は少しずつ剥がれていきます。
このような一連の肌の回復プロセスは、睡眠中に最も活発に行われるため、質の悪い睡眠や短い睡眠は肌の修復を妨げて美容トラブルを引き起こします。

肌のケアは欠かさず行うように注意する

肌トラブルの解決には、先ほど説明したように睡眠の改善が必須ですが、もちろん化粧水などの美容グッズによるケアも行うことが大切です。ただし、必要なケアの内容はその人の肌の質によって異なり、乾燥肌なら保湿を行う必要がありますし、皮脂が多い肌であれば起床後の洗顔で余分な皮脂を落とさなければなりません。
睡眠に加え、自分の肌に合った美容ケアを忘れないようにしましょう。

睡眠中の血行が悪くならないように注意!

美容効果を見込んで睡眠を改善する場合、寝ている間に血行が悪くなるような要素を取り除いておきましょう。タイトな寝間着は体を締め付けてしまい、せっかく全身に血液が行き渡るタイミングである睡眠中に血流が滞ってしまい、肌にも栄養が運ばれなくなります。ゆったりした服装で睡眠を取ることが、美容によって良い効果をもたらします。

入浴後にマッサージを行おう

肌の血行が高まる睡眠時ですが、睡眠中の血流をよりスムーズにするために、寝る前にある程度筋肉をほぐして血液が行き渡りやすい環境を作っておくというテクニックもあります。特に入浴後は体がほぐれているので、化粧水やオイルを使って全身を優しくマッサージすることで、血流がよくなって睡眠時の美容効果がアップします。
血流面だけでなく、マッサージで筋肉がさらにほぐれるとリラックス効果で眠りの質もよくなるため、ぜひ入浴後にはマッサージに取り組んでみてください。

美容のためには4時間以上は寝る

寝入った直後、3時間から4時間の間にかけて、肌の修復に大きく寄与する成長ホルモンの分泌が行われるため、最低でも4時間は寝ることで美容上のメリットを得られます。日中の活動を快適にするためには、夜の睡眠時間が短くても小分けに寝て構いませんが、美容を優先する場合は4時間以上のまとまった睡眠を取るようにしましょう。

自分の個性に合わせた睡眠を!

睡眠には8時間が必要だったり、特定の時間に寝るのが美容には重要だったりと、多くの説がありますが、これらはあくまでも一般論に過ぎません。人間の体は同じつくりではなく、同じリズムで生活しているわけでもないため、各々のライフスタイルに合わせて睡眠の基本ルールを応用していくことも大切です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る