睡眠を見直すきっかけに!眠りに関する6つの疑問と詳しい解説

なぜ眠る必要があるのか

疑問を持つことなく当たり前のように普段取っている睡眠ですが、睡眠という行為は発達した脳を持つ動物にしか見られないものです。この背景には、人間のように脳が発達すると環境への適応力が増し、環境に対して心身を調整するものとして睡眠が機能しているという理由があります。また、記憶の整理や体の修復も睡眠中に行われるため、人間を筆頭に多くの動物は睡眠が必要となります。

時差ボケに関する疑問

海外に行くと多くの方が感じる症状に時差ボケがあります。時差ボケはなぜ起こるのかという疑問に答えると、睡眠によって人間の体内時計が調整されているからと言えます。睡眠を取ることで日中活動し、夜にかけて活動量を減らしていくリズムが作られます。時差の大きい国へ行くとこの体内時計のリズムが大きくずれてしまうため、眠りづらくなったり体調が悪くなったりします。
また、同じように時差がある国外から帰国した時にも時差ボケが起こることが多々あります。

横になるだけという睡眠法の疑問

まだ普段の就寝時間になっていないのに眠気が強くなってしまうことはよくありますが、この時に横になるだけでも睡眠に近い効果が得られるという睡眠法があります。本当に効果があるのかと疑問を持つ方が多いですが、正確には睡眠のように疲れが一気に取れるというより、横になる前の体調を少し楽にするという方法になります。

横になる効果をもっと知ろう

上記のことから、なぜ横になると体調が楽になるのかという疑問が起こります。その答えは、横になって目を閉じることで外部からの視覚的な刺激が減り、さらに筋肉が弛緩して緊張状態が解けるからというものです。視覚の刺激以外も減らせないのかという疑問に対しては、耳栓を使うことで聴覚の刺激も減らせるという方法があります。

睡眠に似た状態に関する疑問

目を閉じて意識が無いという睡眠に似たものとして、全身麻酔が効いた状態や催眠をかけられた状態がありますが、これらは睡眠とは違うのかという疑問が生まれてきます。睡眠は深い眠りと浅い眠り、すなわちノンレム睡眠とレム睡眠の周期を繰り返すという特徴があり、意識がなくても揺さぶるなどすれば起こすことができます。
一方、麻酔や催眠では人為的に意識を失わせているだけで、睡眠時のような眠りのサイクルがあるわけではないし、ただ話しかけたりしても起こすことは困難なため、正確な意味での睡眠とは違う特徴を持ちます。

夢はなぜ見るかという疑問への答え

睡眠は意識が無くて自分でその様子を確認することができないため、疑問を持ってしまう要素が多くあります。その中でも、夢に関する疑問は専門家の間でも多くあり、このような疑問に答えるため、夢に関する研究が盛んに行われています。
夢は睡眠が浅いレム睡眠のステージで起こりますが、現在では記憶を整理している作業において断片的に脳に映像が浮かび、起きた時にその断片的な映像が一つのストーリーになるという説が有力です。

睡眠時間に関する疑問

睡眠不足は不健康の代表的な要因として挙げられることが多いですが、寝すぎるのは健康に影響があるのかという疑問を持つ方もいます。実際には、過眠を取っている方は睡眠が全体的に浅い傾向にあるため、いくら寝ても疲れが取れないことが多いと言われています。そのため、睡眠不足の方同様に生活習慣の改善などが求められます。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る