睡眠を妨害する3つの原因

慢性的な睡眠不足や、十分に睡眠を取っているという自覚がある場合でも質の良い睡眠ではないというケースもあります。
この様な場合、翌朝に疲れを感じたり、疲れが溜まり心身に支障をきたす場合もあります。
質の良い睡眠を取れていないのであれば、自分自身の行動に原因があるかも知れません。
睡眠を妨害してしまう原因を紹介します。

体型に合わない寝具を使用している

睡眠中は汗をかくため、吸湿性のある寝具を使用する必要があります。
また、体型に合うものを使用し、首~腰に掛けてかかる力のバランスが良いものを使用しましょう。
首や肩の負担軽減のためには、枕の高さも重要です。
目覚めた時に肩凝りがある場合、枕と身体の湾曲がフィットしていない可能性が非常に高いです。
敷布団やマットレスも、柔らかいものは気持ちが良いと感じる方が多いでしょう。
しかし、柔らかすぎるものは腰痛に繋がり、硬いと血行不良を引き起こします。
寝ている時間は休息の時間ですが、体型に合っていない寝具を使用することによって休息ができず、睡眠の質を低下させることに繋がります。

バランスの良い食事を摂る

忙しい場合や食欲ないといった理由から、朝食を食べないという方も多いです。
しかし、朝食は身体を起こし、昼間に活動するためのエネルギーとなります。
また、夕食のメニューにも気を使いましょう。
細胞の修復に必要なタンパク質を摂ることによって、身体を休める様な質の良い睡眠を取ることに繋がります。
体内で生成することができない、必須アミノ酸を意識することが重要です。
乳製品や肉類や魚介類や、卵などを取り入れることがおすすめです。
バランスの良い食生活を心掛けましょう。

寝る前に避けるべき行動

日頃行っている習慣が、睡眠を妨げる要因になっている可能性もあります。
寝る前にお風呂に入り、熱いお湯に浸かることで身体が目覚めてしまいます。
適度な温度で身体を温めることは良いことですが、熱いお湯では体温の変化が起こりにくくなり身体に負担となるでしょう。
また、寝る直前に夕食を摂ると、消化活動が優先されるため内臓を休める時間が非常に短くなってしまいます。
身体が休めていないことによって、浅い眠りになる、疲れが残るなどの症状が現れます。
カフェインや喫煙によるニコチンは、睡眠を妨害します。
コーヒー、栄養ドリンクなどは、夜に飲むことを控える必要があります。
寝る前の3~6時間は、カフェインやニコチンの摂取を避けましょう。

質の良い睡眠を取るために

寝つきが悪い、眠りが浅いなどの症状がある場合、睡眠を妨害する行動をとっている可能性もあります。
特に夜の行動については、意識をしてみる必要があるでしょう。
習慣となっているものについては、見直す努力が必要です。
寝つきが悪い場合、昼間積極的に身体を動かすことによって、生活にメリハリが出ます。
メリハリが出ることによって、自然と眠気を覚えることに繋がるでしょう。
夜中に目覚めてしまうケースも少なくなり、朝まで熟睡できるようになります。
習慣を変えた直後に効果が現れる場合と、一定期間は安眠に繋がらない場合もあります。
習慣を見直し、自分で睡眠を妨害する行為については改善することがおすすめです。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る