睡眠を取ることで起こる頭痛を解決する4つのポイント

浅い睡眠の原因とは

睡眠を取り、起床時に頭痛が起こるという方は少なくありません。
これらの頭痛には種類があり、症状によって対処方法も変わります。
症状から予防策まで、睡眠がきっかけで起こる偏頭痛について見て行きましょう。

睡眠がきっかけとなる頭痛とは

起床時の頭痛とは、片頭痛と緊張型頭痛の2種類になります。
片頭痛の症状は、脈を打つ突発的な痛みと、目の奥や頭全体に刺すような痛みを感じる場合があります。
片頭痛は、治ったり痛みが出たりを繰り返します。
痛みは数分から数十分と個人差があり、頭痛薬を服用しない場合は丸1日以上痛みを繰り返す場合があります。
片頭痛は、頭を動かすと強い痛みを感じる場合が多いです。
吐き気を感じる場合もあり、実際にもどしてしまうケースもあります。
緊張型頭痛は、頭を締め付ける痛みであり、痛みは後頭部から全体に広がります。
頭を動かした際に痛みを感じないため、片頭痛と判別する材料になるでしょう。

睡眠を取ることで起こる頭痛の原因

起床時から起こる頭痛は、血行の変化によって起こります。
また、筋肉が凝る、緊張することによって痛みを感じます。
睡眠時に副交感神経が優位になる事で血管が広がり、起床時に交感神経が優位になり、さらに血管が広がります。
片頭痛は、神経を圧迫する事によって起こります。
緊張型頭痛は、寝相が悪かったり筋肉が緊張した状態が続くと、全身が冷えます。
肩や首の筋肉が血行不良により炎症を起こし、頭痛になります。

各頭痛の対処方法

睡眠がきっかけとなり引き起こされる2種類の頭痛は、種類によって対処方法が異なります。
片頭痛が起こった場合は、首の後ろを冷やして副交感神経を抑えます。
血管の収縮を促すことで、痛みを軽減することが可能です。
コーヒーなどに含まれるカフェインは、血管を収縮させるといわれています。
起床時にコーヒーやお茶、紅茶などカフェインを含む飲み物を飲むことも有効です。
緊張型頭痛は、筋肉の緊張と炎症によって引き起こされる頭痛です。
枕が高い、もしくは低いなど、寝具が体型に合っていない可能性が高いでしょう。
寝返りが打ちにくくなるなど、寝ている時の姿勢が悪い場合が多いです。
適度な運動をして、筋肉のコリをほぐしましょう。
また、時間に余裕がある場合はお風呂に入るなど、身体を温めて筋肉の血行を促進します。
即効性は無いものの、徐々に痛みが緩和されるでしょう。
痛みが強い場合や、すぐに活動を始めなければならない状態であれば、我慢せずに痛み止めを服用してください。
薬を服用後に、これらの対処方法を試してみましょう。

気持ちの良い目覚めのために習慣を

質の良い睡眠で気持ち良く眠れたとしても、起床時に頭痛があると気分が良く無いものです。
起床時に頭痛があるという方は、マッサージやストレッチをする習慣をつけることもおすすめです。
筋肉を動かすと、頭痛の症状を緩和することに繋がるでしょう。
万が一、これらの対処方法を試しても改善されないという場合、他の病気である可能性もあります。
頭痛は脳腫瘍などの症状として現れる場合もあるため、軽視しないようにしてください。
起床時の頭痛が悪化するようであれば、専門医院を受診しましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る