睡眠を取っても朝起きれない人の特徴と改善策

きちんと夜ベッドに入って眠っているつもりでも、朝スッキリとした気分になることができず、起きれないと悩みを持つ人はたくさんいます。なぜ寝ていても朝スッキリできないのかや、どうすれば症状を改善することができるのかを知ることで、朝気持ち良く起きることができるでしょう。

低血圧の人は朝起きれない

睡眠時間を確保したとしても、低血圧症で悩んでいる人は朝きちんと起きることが難しいと言われています。朝目が覚めたとしても、めまいや立ちくらみが原因でベッドから起き上がることが難しい人は、血液の量が少ないため脳の働きが低下し、頭がスッキリとした状態で目覚めることができません。

低血圧症の方は、副交感神経と交感神経の働きを切り替えることが難しくなっており、朝起きるのが苦手になってしまいます。

体力に自信が無い人は要注意!

睡眠を取って朝スッキリと起きることができない人の特徴と言われているのが、体力の無い人です。私たち人間の体は、疲れが蓄積されると乳酸がそのまま留まり、筋肉が収縮するなどの症状が現れます。それゆえ、体内に血液を送って循環させる能力が低下してしまい、朝起きることが難しくなってしまいます。

特に普段体を鍛えることをしていない体力に自信が無い人は、体を鍛えている人に比べて筋肉の量が少なく、血液を体内に送り出すことが難しくなります。そのため、疲れがなかなか取れなかったり、立ちくらみや頭痛などの体調不良に悩まされてしまうようになるため、朝起きるのが大変だと感じるようになってしまいます。

デスクワークをする人の多くが起きれないと悩んでいる

オフィスでデスクワークを行う人の多くが、朝起きれないと悩んでいます。それは、働く際の姿勢が原因です。スーパーの店員など、動くことが多い仕事とは異なり、デスクワークは勤務時間中椅子に座り続け、パソコンに向かって作業を行います。同じ姿勢のまま働き続けると、筋肉が収縮せず、血液の流れが悪化してしまいます。その結果、静脈の流れが低下し血液が血栓になりやすくなります。デスクワークをしている人は、定期的に休憩を入れ、軽い運動を行って血液の流れを改善させることが大切です。

起きれない症状を改善するには

朝起きれないことに悩みを抱えている人はたくさんいるのですが、そのまま放置して良いと思っている人はいません。どのようにすれば改善することができるのか、改善方法を学んで実行しましょう。朝スッキリと起きるためには、朝日を体に当てることが大切です。2,500ルクスを超える朝日を体に当てることで、朝起きることが容易になります。天気が悪く、朝日を浴びることが難しい時は、手を握りしめ、開閉させましょう。3分ほど続けることで、血流が改善し、体温が上がります。その結果、脳が活性して気持ち良く起きられます。

眠気を覚ますツボを刺激するのも効果的です。頭部にある「百会」と呼ばれているツボは全部の神経に効果を与えると知られており、指で押すことで血行を改善させたり自律神経を安定させたりすることができます。朝起きれない症状を改善する方法はいくつかありますので、自分がやりやすい方法を実践することが大切です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る