理想の睡眠時間が取れなくても熟睡するためのコツ

あなたの睡眠時間は足りていますか?

毎日十分眠っているはずなのに、朝起きると疲れが取れていない。忙しいから睡眠時間を減らしたら昼間の集中力が持たない。こんなことはありませんか?

睡眠時間は睡眠のことを考えるうえでとても重要ですよね。短くても熟睡できることがあったり、長時間眠っても体がすっきりしないこともあります。一概に長ければいいというものでもないようです。

忙しい中でも良質な睡眠をとって、健康的な生活の基盤をつくりたくないですか?

ということでこの記事では最適な睡眠時間はどれくらいなのか、また短時間でも熟睡できる方法を詳しく紹介いたします。

適切な睡眠時間は人によって違います

まず最適な睡眠時間は人によって違います。1日の睡眠時間が6時間以下でも大丈夫なショートスリーパーの人もいれば、1日8〜9時間眠る必要のあるロングスリーパーの人もいます。大半の人は1日6〜8時間の睡眠で大丈夫です。

最適な睡眠時間は遺伝子などの要因から、人それぞれ違っています。なので自分の最適な睡眠時間は自分で調べる必要があります。比較的時間に余裕のある休日や週末に、30分刻みなどで眠る時間を変えてみて、一番脳がすっきりとする時間を探してみてください。

ロングスリーパーの人は仕事などをしていると長時間の睡眠時間の確保が難しいと思うので、そんな時はお昼の時間に5〜10分間だけでも昼寝をすることをおすすめします。昼寝には疲労快復効果、眠気対策、記憶の定着など忙しい方が助かる効果がたくさんあるので、ぜひ試してみてください。

短時間でも熟睡できる方法

仕事が忙しくて、睡眠時間を確保できない時ってありますよね。そんな時でも最低でも3時間は睡眠時間を確保してください。

眠っている時、人は成長ホルモンというホルモンを分泌します。この成長ホルモンには疲労快復、記憶の定着、成長の促進、老化防止、など様々な効果があります。なので逆に毎日この成長ホルモンが分泌される時間が削られてしまうと、昼間の活力がどんどんなくなってしまいます。

さらに脳は眠っている時にしか休むことができません。最低限の睡眠時間を保持していないと、脳はずっと働きつづけなければいけません。忙しい仕事をこなすためにも、3時間は必ず毎日眠ることをおすすめします。

短時間でも熟睡できるようにおすすめしたいのが、眠る前に瞑想をすることです。

ベッドや布団に骨盤がしっかり立っているのを意識しながら座り、深い鼻呼吸をしてみましょう。その時怖くなければ目を閉じて、できるだけ何も考えないようにしましょう。そうすると起きていますが脳は休むことができ、さらに自律神経が整うので眠る前にその日1日で感じたストレスなどをリセットすることができます。早く眠りについて熟睡するのに、瞑想はとても効果的です。道具などを何も準備する必要がないのでおすすめですよ。

その他にも眠る前に温かい飲み物を飲んだり、ヨガやストレッチをすることもおすすめです。短時間の睡眠だからこそ、体が眠る状態に入るのをサポートしてすんなりと眠れるようにしましょう。

最適な睡眠時間を調べて、なるべくあなたの睡眠生活をそこに近づけ、良質な睡眠を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る