睡眠の驚くべき効果と最大限に活用する方法

忙しいからって睡眠時間を削っていませんか?

来週のテストのために追い込みがしたいから今日から一日3時間しか寝ない!どうしても仕事が終わらない、仕方ないから今日は徹夜かな。このように忙しい昼間に合わせて、大切な睡眠時間を削っていませんか?

食欲、性欲に並んで睡眠欲は人間が備え持つ三大欲求のうちの一つです。その睡眠がおろそかになってしまうと、生活全体に悪影響がおよんできます。忙しくてどうしても睡眠時間を確保するのが難しい方もいるかもしれませんが、睡眠にはどれだけ自分の体に良い効果があるのかを理解して、ぜひ空いた10分間だけでも睡眠をとるようにしていただきたいです。

ということでこの記事では睡眠のよって得られる効果を中心にご紹介いたします。

良い睡眠にはこんなに効果があるんです

睡眠によって得られる効果をご紹介いたします。

まず睡眠には「その日学習したこと、起きたことの記憶を定着させる」効果があります。睡眠時に多くでるシータ波には記憶、学習機能が向上する効果があります。

眠りはじめてから3時間ほど後から記憶が定着していくようになるので、試験前や勉強中などは特に3時間以上睡眠時間をとることがおすすめです。

睡眠にはストレスを解消する効果もあります。人がストレスを感じる時の状況の一つとして、脳が疲れている状態の時です。脳が疲れていると作業もはかどらなくなり、かつ気持ちが不安定になりイライラし始めてしまいます。

脳は眠った時にしか休むことができません。ぼーっとしたりしていても、起きている限り脳は休むことができないのです。なのでよく眠って疲れた脳をゆっくり休ませましょう。

そして睡眠には体の成長を促す効果や老化を防ぐ効果もあります。眠っている時、成長ホルモンといわれるホルモンが分泌されます。この成長ホルモンが体の成長、そして老化を防ぎます。成長期である若い人たちにも、大人の人たちにも健やかな体づくりのため睡眠は重要です。

一つの生活の改善で良い睡眠がとれるようになります

ではこれだけ効果のある睡眠を毎日効果的に摂るにはどのようなことをしたらいいのでしょうか?

朝起きたらカーテンを開けて陽の光を見ましょう

陽の光にはセロトニンという、幸福感を感じたり、気持ちの安定を促す脳内物質の分泌を助けてくれる効果があります。また陽の光には体内時計をリセットする効果があるので乱れてしまっている生活サイクルをなおすのにうってつけです。

夜はなるべくスマホやパソコンを見ない

私たちが普段頻繁に利用しているスマートフォンやパソコンの液晶画面からはブルーライトが出ています。このブルーライトは陽の光と似ている性質があり、覚醒効果があります。なので夜にブルーライトを見てしまうと目が冴えてしまい、脳も朝だと勘違いをしてしまい眠れなくなってしまうので、最低でも眠る1時間前にはスマホやパソコンを見ないようにすることをおすすめします。

あとは眠る前に体を温めるために白湯やホットミルクを飲むこともおすすめします。体の筋肉を緩めるために軽いストレッチやマッサージをするのもおすすめです。

少しでも熟睡ができるよう、あなたにとって気軽なものを何か取り入れてみてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る