睡眠の質を上げる簡単な3つのポイント

美快眠セラピストとは

質の良い睡眠とは、どの様な睡眠を指すのでしょうか。
毎日8時間前後睡眠を取っている場合でも、目覚めた時に疲れているという人も居ます。
また、熟睡できず何度も目が覚める、明け方に起きてしまうという人も多いです。
これらの症状が続く場合、睡眠の質が悪い状態であるといえます。
睡眠の質は、生活習慣を変えることで変化します。
睡眠の質について、また質の良い睡眠を目指す方法を紹介します。

睡眠の質は何を指すのか

眠りが深い状態の睡眠、熟睡している場合は、睡眠の質が良いといえます。
質の良い睡眠であった場合、目覚めた時に疲れがなく、すぐに起きることができるでしょう。
反対に睡眠の質が悪い場合、目覚めた瞬間から疲れを感じ、起きることが辛くなります。
心身ともに休息させることができている睡眠を、質の良い睡眠、熟睡できているといいます。
睡眠の質を上げる方法はシンプルです。
まず睡眠の種類には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。
入眠から3時間の間に、眠りが深くなるノンレム睡眠が集中します。
この時間で、休息の8割を完了するともいわれています。
つまり、入眠から3時間をいかに安定した睡眠にするかという点が重要です。
寝つきの良い人は疲れにくいとされている理由は、ノンレム睡眠で十分に休息しているためです。

日光を浴びて起床する

入眠から3時間が重要となるため、質の良い睡眠を取るためには寝つきの良さが大切です。
寝つきを良くするためには、寝る前の行動よりも朝起きた時の行動が重要です。
起床後、すぐに日光を浴びることが有効です。
自然光で起きることが理想ですが、難しい場合には起き上がってから直ぐにカーテンを開け、日光を浴びましょう。
日光は、体内時計を整えた上で、睡眠ホルモンの分泌を促します。
脳が日光を感知した後、約10時間後に睡眠ホルモンとも呼ばれる「メラトニン」が分泌されるようになっています。
昼間のストレス軽減や自然に眠気を感じるためにも、日光で体内時計と心のバランスを作りましょう。

寝だめは存在しない方法である

週末は夜遅くまで起きて休日に寝だめをするという人は多いです。
しかし、寝だめには医学的な根拠はありません、
長時間の睡眠を取ったとしても、疲れを取ることはできません。
反対に、体内時計が狂ってしまい、週明けに睡眠の質を低下させることに繋がります。
平日の寝つきを良くするために、週末であっても夜更かしはせずに睡眠時間を一定にすることが大切です。
忙しい場合や、付き合いがある場合には、就寝時間を揃えることは難しいでしょう。
その場合、起床時間を同じ時刻にします。
就寝時間よりも、起床時間が変わることによって体内時計が乱れます。
日中に眠気がある場合、15分前後の仮眠を取ることがおすすめです。

自分の行動次第で睡眠の質は変えられる

朝、起きることが辛いという場合であっても、その日に質の良い睡眠を取るためには日光を浴びる必要があります。
遮光カーテンを使用している場合、朝は必ずカーテンを開けましょう。
朝の行動が、その次の日の目覚めにも影響するものです。
就寝前の行動を意識してしまいがちですが、生活リズムを整えて規則正しい生活を心掛けると、簡単に質の良い睡眠を得ることができます。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る