睡眠の質を上げる安眠グッズ4選

朝起きれない原因の睡眠相後退症候群

出張や旅行先など、いつもの就寝環境とは異なる場所で寝つけないという人は多いです。
リラックスできないという理由から、一時的に睡眠不足となる場合もあります。
異なる環境で気持ちが落ち着かない場合、睡眠の質を向上させるための安眠グッズを利用することが有効です。

光を遮ってリラックスできるアイマスク

いつもとは異なる就寝環境であっても、睡眠の質に変化を与えないためには視界を暗くすることが有効です。
部屋のライトや光の感覚は、睡眠にとって重要なポイントです。
睡眠中、多少の光を感じるだけでも刺激になってしまいます。
目覚めなかったとしても、眠りを浅くすることに繋がります。
部屋のライトや、外から入る光などを遮ってしまう安眠グッズが、アイマスクです。
外出先に限らず、自宅でも使用することがおすすめです。
外の光を遮ることができるため、安眠に繋がるでしょう。
通常のアイマスクは、100円ショップでも販売されています。

疲労回復効果のあるホットアイマスク

デスクワークや、長時間のパソコン操作で眼精疲労を感じている場合、ホットアイマスクがおすすめです。
目の疲れは、頭痛や肩こりにも繋がります。
併発する症状を抑えるためにも、眼精疲労は早めに取り除きましょう。
ホットアイマスクで目の周りを温めることで、高いリラックス効果が期待できます。
そのため、眼精疲労の回復だけではなく、安眠グッズとしても有効です。
ドラッグストアで販売されていますが、温めたタオルなどを利用しても良いでしょう。
市販のホットアイマスクは、各商品の使用方法をしっかりと確認してください。

リラックス効果のある香りを取り入れる

香りとは、脳に適度な刺激を与え、リラックスさせるアロマオイルを指します。
リラックス効果が高いことで有名なラベンダーの香りは、アロマオイルを初めて利用する人にもおすすめです。
ラベンダーの香りには、自律神経の乱れを整える効果が期待できます。
不安な度の感情を落ち着かせる効果もあり、眼精疲労や肩こりといった筋肉の緊張もほぐす効果が期待できます。改善にも作用してくれます。
アロマグッズは沢山販売されていますが、気軽に試したいという場合はアロマオイルだけを購入し、ティッシュやコットンに含ませて枕元に置くだけでも良いでしょう。
香りのリラックス効果を感じることができた際に、アロマディフューザーなどのグッズを揃えることがおすすめです。

音楽を使うことも検討する

一般的に、眠る環境はより静かな環境が良いでしょう。
寝つきが良くなる上に、睡眠を妨げることもありません。
しかし、リラックス効果のある音楽を聞くことはおすすめです。
どの様な音楽でも良いという訳では無く、クラシック音楽を選びます。
音は小さく設定し、寝る前に停止させましょう。
音楽が鳴っている状態で就寝してしまうと、脳への刺激となり安眠できなくなります。
音楽プレーヤーや、スマートフォンのアプリを利用すると良いでしょう。

自分に合った安眠グッズを試す

手軽に試すことができる安眠グッズを紹介しました。
遮光カーテンや遮音カーテン、安眠できるマットレスなど、沢山のグッズが販売されています。
自分の安眠を妨げている理由を考え、グッズを取り入れてください。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る