睡眠の質に影響する光を選ぶ4つのポイント

睡眠の質と光は非常に深い関係があります。
一言で光といっても種類があるため、どの様な光が睡眠に影響を及ぼすのかを見て行きましょう。

睡眠の質に関わる光の種類

睡眠時、脳への影響は真っ暗な状態が最も刺激にならず、次にオレンジや黄色など暖色系の光、蛍光灯といった室内の光が良いとされています。
また、ブルーライトなどの強く明るい光は睡眠の質を大きく下げるという研究結果があります。
睡眠の質を上げるためには、日中と夜間で受ける光を変更することが望ましいといえるでしょう。
夕方以降、徐々に暗くなる時間帯からは、暖色系の光を浴びて気持ちをリラックスさせます。
眠りにつく前の1~2時間の間は、パソコンやスマートフォンといった強く明るい光を浴びないように注意が必要です。
ブルーライトを浴びないよう意識をして、寝室は暗くすることも重要です。

光によって体内時計が狂う

夜に強く明るい光の影響を受けると、睡眠の質が低下するだけではなく寝つくことができないという状態にもなります。
睡眠の質だけではなく、睡眠時間が不足していることによって翌日目覚める時間が遅れます。
朝の日光を浴びることができない場合、体内時計が狂うことに繋がります。
特に週末には睡眠時間が不足してしまいがちになり、週明けの朝に強いストレスを感じることに繋がるでしょう。

睡眠の質に影響する光を選ぶ

先に挙げた通り、睡眠と光には深い関係があります。
集中したい時の光は、真夏の日光を浴びているような強く明るい光が有効です。
ブルーやホワイトといった光であり、仕事や勉強といった集中した作業を行う際におすすめです。
また、ホワイトの光は体を動かす作業をする際にも最適であるといわれています。
これらの光は、寝室や就寝前に浴びることを避ける必要があるでしょう。
就寝前の読書には、電球にも似たオレンジの光がおすすめです。
この光は、目が疲れにくいため読書や目を使う作業を行う際にもおすすめの光です。
就寝前だけではなく、ゆっくりとした時間を過ごしたい時や、疲れを取ってリラックスしたい場合にも最適でしょう。

ライトを取り入れる方法も有効

これらをふまえてカスタマイズした光を利用し、睡眠の質向上を目指しましょう。
一般的な家庭の室内照明では、光の色や明るさを調整することができないケースが多いです。
しかし、睡眠の質や体内時計を正常にするためには、光と暗さがはっきりと切り替わることが重要です。
睡眠の質を向上させるためには、発売されているライトを設置し、光を調整しましょう。
起床や睡眠導入に合わせて、光を設定出来るライトも発売されています。
設定が可能なタイプのライトでは色の調整も可能なものが多いため、スムーズな眠りにつき気持ち良く目覚めるという調整も可能です。
自然光が難しい場合にはライトなどを使用し、室内の光を調整してより良い睡眠を目指しましょう。

睡眠の質には光も意識する必要がある

睡眠の質を向上させる方法は沢山あります。
そのうちの1つが、光の調整を行うというです。
就寝前だけを意識してしまいがちですが、朝の目覚めの良さも睡眠の質に影響を与えます。
1日を通して、浴びる光の種類を意識してみましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る