睡眠の質が低下することの4つのデメリット

安眠インストラクターの口コミ評判

しっかりと睡眠をとっているのにも関わらず、疲れが取れていないという人は、睡眠の質が低下している可能性が高いです。
睡眠の質が低下するということには、疲れが取れないというだけではなく様々なデメリットがあります。
一般的に、夜間に睡眠をとっているだけで、健康にも美容にも影響がないと考えてしまいます。
しかし、単純に睡眠を取るだけでは、健康や美容に悪影響を与える可能性があります。
睡眠の質が低下している場合、睡眠障害にも似た体の不調が見られるでしょう。
実際にどの様なデメリットがあるのかを紹介します。

質の良い睡眠が必要な理由

通常の生活の中でも、人間の身体や脳は常に働いています。
睡眠とは、1日のうちに溜まった身体や脳の疲労を回復させる効果があります。
また、老化予防にも必要です。
寝ている間に分泌されている成長ホルモンは、身体の発育やダメージを受けた細胞を修復します。
さらに、睡眠によってストレスを和らげたり免疫力を高めるなど、睡眠は健康な生活を送る上で非常に重要な行為です。

女性に多い身体の不調

睡眠の質が低下することにより、脳が休息できていない状態になると腸の働きも鈍くなります。
腸内環境が悪化するため、便秘を引き起こします。
長年便秘であるという人は、睡眠の質が悪いということも考えられるため、まずは睡眠の質を上げる対策を行いましょう。
また、睡眠の質が低下する事で、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量も減少します。
大人ニキビの原因となる、皮脂の過剰分泌なども引き起こします。
また、月経痛が悪化したり、月経の周期が乱れてしまうなど女性特有の不調が現れる場合も少なくありません。

太りやすくなる

深い眠りについている状態であるノンレム睡眠では、エネルギー消費に繋がるホルモンが分泌されます。
そのため、質の良い睡眠を取れている場合にはダイエット効果が期待できます。
しかし、睡眠の質が低下することによって、食欲を増進させるホルモンが分泌されるようになります。
そのため、カロリーを摂取することで太りやすくなるといえるでしょう。
また、先にも挙げた成長ホルモンには、脂肪燃焼の働きもあります。
睡眠の質が低下すると成長ホルモンによる脂肪燃焼効果も落ちるため、脂肪が蓄積されやすくなります。

吐き気などの体調不良を起こす

睡眠の質が低下すると、身体や脳の疲れが取れません。
疲れが溜まると、乳酸などの物質も蓄積されます。
疲労物質は、身体の様々な器官に影響を及ぼしてしまうため、眩暈や吐き気などの体調不良に繋がります。
しっかりと疲れが取れていないため、当然目覚めも悪くなり、活発に行動することができなくなります。
睡眠時間は十分に取っている場合で、目が覚めた時に疲れを感じるというケースでは、睡眠の質が悪いと考えてよいでしょう。

質の悪い睡眠にはデメリットが沢山

質の良い睡眠を取るために、起きてから眠るまでの間に仮眠を取らず、眠気を我慢するということも有効です。
睡眠の質が低下することによって、健康と美容に悪影響となります。
不調がある場合、体調の改善にも時間が掛かります。
慢性的な体調不良などを起こす可能性もあるため、睡眠の時間だけではなく眠りの深さなども意識してください。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る