睡眠の意外な記録方法とは?ブログを活用した睡眠記録の書き方4選

ストレスが増大した現代社会では、不眠など睡眠の問題を抱えている方が多いです。また、睡眠は心身の健康状態を大きく左右するため、生活習慣病や精神疾患の広がりは睡眠の重要性を改めて実感させるものと言えます。

良い睡眠を取るためには、まず自分の睡眠習慣を客観的に見つめる必要があります。その際に睡眠記録をつけておくと、数字やグラフ・文字で客観的に自分の睡眠パターンが分かります。

ブログの書きやすさと睡眠記録

睡眠記録をつける際にはブログが大活躍します。最近のブログは画像の挿入や文字の装飾が容易にでき、その日の出来事を様々な方法で記録できるツールになっています。

睡眠記録では文字だけでなく、数字やグラフ、参考となる画像を使った方がいいことがよくありますが、ブログはそれらの工夫が容易にできるため、睡眠記録にはうってつけです。

睡眠記録の共有もポイント

ブログは基本的にインターネット上で公開するため、睡眠記録を他の方と共有することになります。同じく睡眠記録をつけているブログ仲間を見つければ、睡眠の目標に向かって一緒に励むことができます。

また、睡眠に詳しい人から自分の記録を見た上で何らかの有益なアドバイスを受けられる可能性もあります。

ブログは非公開でも活用可能

睡眠記録のブログは必ずしもインターネット全体に公開する必要はありません。個人情報などがどうしても気になる方、そもそも睡眠記録を共有しなくてもよいと考えている方は、ブログを非公開に設定して個人的な日記のように活用するとよいでしょう。

また、全体に公開せずとも友人など限られた方のみで共有できるブログ設定もあるため、知り合いだけで記録をシェアする方法も覚えておきましょう。

ブログテンプレートを用意しよう

ブログで睡眠を記録する場合、事前に記録する項目をテンプレート化しておくことをお勧めします。睡眠時間、寝つきのよさ、寝起きの感覚については記録が必須なので、これらを自分なりにテンプレ化しておきましょう。

寝る前の行動も記録しよう

寝床に入る前の行動も睡眠記録では大切なことです。就寝前のテレビの視聴、パソコン・スマートフォンの操作などは脳を覚醒状態にしてしまい、寝つきを悪くします。このような電子機器の睡眠への影響はよく知られてはいるものの、無意識のうちに多くの人が寝る前に画面を長時間見ています。

ブログに寝る前の行動も書いておくことで、より睡眠前の活動を客観的に分析し、解決策を見いだせます。

長文を書く必要はない

睡眠記録にブログが役立つ最大の理由はその手軽さですが、毎回長文をブログに書いてしまおうとすると中々睡眠記録が続けられません。内容は簡潔にしつつ、その日の気分に合わせて記述量を調整する工夫を心がけましょう。

また、参考となる画像は役には立ちますが、毎回のアップロードや編集などが大変な場合は無理して掲載する必要はありません。

カテゴリの設定も大切

ブログに記事を投稿する時にはカテゴリを設定できますが、睡眠記録では「普段の記録」、「週ごとの感想」、「睡眠において気になること」の3つのカテゴリを用意しておけば、より分かりやすい記録がつけられます。また、ブログを見に来る方にとっても情報を得やすくなりますし、管理者自身も記事の検索が容易になります。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る