5人に1人は睡眠の悩みが?!ストレスが及ぼすものとは?

突然ですが、あなたは睡眠について悩みはありますか?実は現代では5人に1人は睡眠についての悩みを持っているという話があります。他人事ではない睡眠の悩みを一緒に見て考えてみませんか?睡眠の大切さや、悩みについて解説していきます。

睡眠が重要性なのは?!

私たち人間の三大欲求に入っている睡眠。若いころは夜中まで起きていても平気だった人も年齢が上がるにつれて夜遅くまで起きていられなくなったりしますよね。そこで睡眠の大切さについて掘り下げてみましょう。

・記憶の整理
睡眠中に私たちの体の中では記憶の整理が行われています。1日を過ごすと数多くの動画が脳の中に入っています。その動画を1つ1つ整理してタンスのように1つの箱の中に整理して必要な時に引き出せるような役割をしています。もしも睡眠が十分では無かった時には起きるまでに整理が追い付かない状態になってしまうため、思い出したいときに思い出せなくなってしまいます。例えばテスト前の徹夜で勉強していることを思い出してみてください。徹夜で勉強したのに次の日には勉強した半分以下しか覚えていないという経験はありませんか?それには睡眠不足が原因の一つに入っているのです。

・疲労回復
睡眠中に成長ホルモンという物質が分泌されています。これは成長期などにとても重要な物質で身長が高くなったり、精神面でも成長したりなど成長を促すホルモンです。これは成長期のみならず大人にも重要なホルモンとなっています。それは寝る事によって疲労を回復しているのですが成長ホルモンが分泌することで疲労回復の手助けをしてくれています。しかし、このホルモンは蛍光灯などの強い光にさらされると抑制されてしまいますので寝る前のリラックスタイム時には柔らかい光などに変えて脳を興奮させないように注意しましょう。

この他にもストレス解消や病気予防、老化防止など睡眠には様々な効果があると言われているほど私たちには必要なものになっています。

睡眠の悩みとその原因

睡眠の大切さについて先ほど述べましたが、私たちが健康でいるためには睡眠がとても大切です。しかし、睡眠に悩みがあると様々な影響を及ぼし時には薬を処方してもらうこともあります。では一体、睡眠の悩みで多いのはどのような症状なのか見ていきましょう。

寝つきが悪い
夜中に何度も目が覚める
眠りが浅く寝た気がしない
寝ても寝ても眠い
寝て起きても疲れている

などが挙げられます。どれも日常生活において支障をきたす恐れのある症状になりますが一体何が原因だと思いますか?すべてがそうだとは限りませんが原因の一つに睡眠の質が関係しています。質の良い睡眠が取れていないと誰もが睡眠の悩みを抱えることになります。その質を低下させるものとは何でしょうか?

睡眠とストレス

これが一番大きな要因といえます。ストレスがあると寝る時に色々と考えてしまい寝付けなくなったり、脳が休まらないために睡眠が浅くなり、夜中に何度も目が覚めてしまいます。そのストレスを解消することが出来れば質の良い睡眠を取ることが出来ると言われています。ですから、自分にとってのストレス解消をいち早く見つけることが睡眠の悩みから抜け出せる近道となります。寝る事でストレスの解消も期待されますので規則正しい生活を送ることも効果的になります。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る