睡眠のときにとる姿勢のメリットとデメリット

あなたの眠るときの姿勢はどんな形ですか?

夜に眠って朝起きたあと、肩や腰が痛い。眠っている時の姿勢が悪いのか、最近首が痛くなっている。あなたは眠ったあと、体のどこかに痛みを感じていませんか?

眠っているとき、はじめは仰向けで眠っていたのに、起きると別の姿勢になっていたりしませんか?人は眠っている時、居心地の良い姿勢を求めて寝返りを何度かうって体勢を変えていきます。しかし寝心地は良くても、体に良い作用をもたらさない姿勢もあります。

この記事では眠っている時の姿勢のメリットとデメリットについて詳しく紹介します。

眠るときの姿勢3つのメリット・デメリット

眠る時の3つの姿勢の、良いところと悪いところを紹介します

仰向け

仰向けは王道な眠る時の姿勢だと思います。そして仰向けのメリットは血液が全身を巡っていく姿勢なので血栓ができづらいです。血栓とは血管の中にできる血液の塊です。この血栓ができてしまうと、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。眠っている時の放熱もスムーズなので、深部体温も下がりやすく、眠りにつきやすい姿勢です。

そして仰向けのデメリットは、口を大きく開けたまま仰向けで寝ると舌が喉に落ちて気道を塞いでしまいます。いびきや風邪の原因になりやすいので気をつけてくださいね。

うつ伏せ

うつ伏せ寝は気道を確保することができない危険な寝方とも言われますが、決してそんなことはありません。うつ伏せのメリットは、首をねじる必要はありますが肩の位置が下がり胸が開くので気道の確保がしやすい姿勢になります。背中の圧迫もないので血流も良くなります。

そしてうつ伏せのデメリットは、呼吸を確保するために首を曲げる必要があります。この首を曲げる角度によっては肩こりの原因になります。また胸部とお腹を圧迫する姿勢でもあるので、腰に良くない姿勢ではあります。

横向き

横向きで眠ることのメリットは腰の負担がかからないことです。腰痛持ちの方には優しい姿勢です。また体の右側を下にして眠ると腸を助ける働きがあり、左側を下にして眠ると全身の血液が心臓に戻りやすくなります。妊娠中の人や睡眠時無呼吸症候群の人は、横向きで眠るのが一番リラックスできます。

そして横向きで眠ることのデメリットは、骨盤がゆがみやすいことです。どうしても左右均等に体重をかけることのできない姿勢ではあるので、体のバランスは崩れてしまいます。横向きで眠るのが一番リラックスできる人は、起きている時に骨盤を整える運動やストレッチをすることをおすすめします。

快適な姿勢で良質な睡眠を手に入れてくださいね

それぞれの姿勢のメリット・デメリットを紹介しましたが、すぐに寝る時の姿勢を変えるのは難しいと思います。なので普段自分が自然にする姿勢のデメリットを確認し、体を動かす昼間にそのデメリットの対応をしてみてはいかがですか?気道の確保が難しい仰向けが多い方の場合はいびき予防のためダイエットをしてみたり、喉のケアに気を使ってみたり。うつ伏せでよく眠る人は、枕やマットの高さや種類を変えてみて、肩や腰の負担を軽減させるのが良いですよ。

眠る時の姿勢の特徴とうまく付き合って、良質な睡眠を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る