ホテルでも自宅のように安眠を手に入れるコツ3つ

旅行先でぐっすり眠れていますか?

せっかくの休みを利用して出かけた旅行なのに、ホテルでよく眠れなかった。慣れない旅館に泊って、なんだか気持ちが落ち着かず眠りにつくことができない。旅先でこんな経験はありませんか?

綺麗で高級なホテルであったとしても、いつもの寝室と違うので眠れない人もいるかと思います。枕の高さだったり、敷布団の肌ざわりだったり。せっかく楽しい旅行ですから、夜はしっかり安眠をとって、昼間は観光やグルメを楽しみたいですよね。

この記事では、ホテルでも自宅のようにぐっすり眠れるようにするコツを詳しく紹介します。

ホテルでも自宅のように安眠できるコツ3つ

ホテルでも安眠ができるコツを3つ紹介します。

枕はタオルで調整を

旅行先でよくあるのが、普段使っている枕との高さの違いです。良質な枕を使っているのかもしれませんが、首や肩に違和感を感じて眠れない人もいるかと思います。

そんな時におすすめしたいのが、タオルを使った枕や首の高さを変えること。枕が低いと感じたら枕の下にタオルを畳んで挟み、首が浮いて落ち着かない時は首の下にタオルを入れてみてください。タオルを使って自分の最適な寝心地を追求するのをおすすめします。

枕の使い心地が悪かった時、はじめにホテルが枕を交換してくれるか確認してみてもいいと思います。

お気に入りの音楽や本を持っていきましょう

ホテルで夜を過ごす時、自宅と違って自分の好きなマンガや本を手に取れるわけではありません。テレビを観るか、スマートフォンでインターネットをして時間を過ごす人がほとんどだと思います。しかしスマートフォンから出ているブルーライトは安眠の妨げになるので寝る前に見るのはおすすめできません。

なのでスマートフォンやテレビを見なくても楽しく時間を過ごせる物を何か一つ持っていきましょう。音楽が好きな人は音楽プレーヤーでもいいですし、読書が好きな人は電子書籍ではない、お気に入りの紙の本を一冊持っていきましょう。

自分が普段聞き慣れている音楽だったり、お気に入りの本であればホテルでも自宅のようにリラックスすることができますよ。

旅行先でも呑みすぎには気をつけてください

旅行で泊まっているホテルで眠れない原因の一つにアルコールがあります。普段とは違う非日常のため、食事での話が弾みついつい呑み過ぎてしまった。コンビニや酒屋でお酒を買い、ホテルでも呑み続けてしまった。こんな経験、多くの人があると思います。

確かに旅行先で呑むお酒はとても美味しいのですが、そのせいで夜十分に眠ることができず、次の日の体調にも影響がでてしまうのはとても勿体ないです。

なのでお酒を呑む前に、次の日の予定などをまず確認して、そこから逆算して眠る時間を決めましょう。お酒は眠る2時間前には終わらせるのが安眠には効果的です。

ホテルでもぐっすり安眠してくださいね

いかがでしたか?楽しい旅行だからこそ、ぐっすり安眠をして楽しみたいですよね。紹介した3つのコツの他にも、夜ホテルにあるケトルで白湯をつくって飲んでみたり、日の光と一緒に起きるためにカーテンを開けたまま眠ったりするのもおすすめです。旅行先でも睡眠のサイクルが崩れないように気をつけましょう。

楽しい旅行と安眠を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る