睡眠に万能なハーブとは?ゼラニウムを使って安眠する4つの方法

ゼラニウムとフルーツの香り

安眠効果を持つハーブであるゼラニウムは、よく他のフルーツ系の香りと組み合わせてハーブティーやアロマとして使われます。特にローズゼラニウムは薔薇のような香りでリラックスできるため人気で、ほかにもアップルといった王道なものから、パイナップルのような珍しいものまで多くの香りとブレンドして利用されます。

優しい虫よけ効果で安眠!

ゼラニウムは安眠の必要なほとんどの条件を満たすのをサポートしてくれる万能なハーブで、その効果の一種が虫よけです。夏には窓を閉めて冷房をつけても、いつのまにか虫が部屋に入っていて気になって眠れなかったり、途中目覚めたりすることがあります。
ゼラニウムの香りには虫よけ効果があり、アロマなどで香りを部屋に満たすことで虫の影響で安眠が妨げられることがなくなります。

女性ホルモンのバランス改善にも

女性は月経や更年期でホルモンバランスが多く乱れ、イライラなどの精神症状やほてりなどの身体症状が現れてしまいます。心身の不調で安眠できなくなると、ストレスが溜まってさらに安眠を取るのが難しくなります。
乱れたホルモンバランスを整える作用がゼラニウムにはあり、女性ホルモンの分泌を安定させて安眠したい方はゼラニウムを使うのが適しています。

むくみの解消で安眠しよう

むくみで睡眠の質が悪くなることがありますが、ゼラニウムにはむくみを緩和する効果もあります。また、肥満によるむくみをゆっくりですが改善する力もあります。肥満はホルモンの分泌を乱して体の不調が起こるだけでなく、生活習慣病をも引き起こす可能性があります。よって、ゼラニウムでむくみや肥満の解決をサポートすることで、安眠しやすくなります。

ゼラニウムで肌の健康を保って安眠しやすく!

ゼラニウムのメリットは肌の健康維持にも及び、乾燥肌にも皮脂が多い肌にも効くという特徴があります。乾燥肌で皮膚がかゆくなったり、皮脂が多くてべたつきが気になったりすると安眠が難しくなりますが、ゼラニウムにはこの両方を解決する力があるため、性別を問わずに使ってみたいハーブであると言えます。また、ニキビや吹き出物にも効くため、肌トラブルを抱えている方もゼラニウムを試しに使ってみましょう。

ゼラニウムの使い方はアロマでもティーでも

ここまで多くの効果を持つことを解説してきたゼラニウムは、アロマやハーブティーなど自分が好きな楽しみ方で使用しましょう。アロマは香りを楽しみながら、ディフューザーを使って加湿効果を得られます。ハーブティーは寝る前に飲むことで心が落ち着き、安眠に必要な精神状態を作ります。

子どもでも安心のゼラニウム

天然成分であるゼラニウムは、子どもでも使えるという特徴があります。そのため、子育てで忙しい主婦の方でも使いやすいですが、もし子どもがアレルギーや疾患を持っている場合は医師と検討したうえでゼラニウムを使うようにします。また、この考え方はゼラニウムだけでなく他のハーブにおいても言えることです。

ゼラニウムの利尿作用には注意

特にハーブティーとしてゼラニウムを使うと、利尿作用で夜中に尿意で起きてしまい、かえって安眠できなくなることがありますが、これは多量に飲んだ場合です。寝る前のゼラニウムはカップ一杯程度に留め、安眠効果を最大限に引き出す工夫をしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る