良質な睡眠のためのブルーライトの対処法

寝る前にスマホいじってませんか?

ついつい友達のfacebookが気になってスマホをいじっていたら眠れなくなってしまった。明日の会議の資料をパソコンでつくっていたら、目が冴えて眠れなくなってしまった。こんなことってよくありませんか?

次の日は休日である金曜日ならまだしも、明日仕事がある平日に眠れなくなってしまうと大変ですよね。しかも現代には睡眠を妨げるアイテムが私たちの身の周りに溢れています。

今多くの人が持っているスマートフォンやタブレットにパソコンは、実は睡眠の妨げになるアイテムでもあるんです。

これらのアイテムと上手く付き合うためにも、ブルーライトと睡眠の関係をこれからご案内いたします。

ブルーライトは体内時計を狂わせます

私たちが普段目よく見ている、スマホやパソコンに使われているLEDディスプレイからはブルーライトが出ています。このブルーライトはエネルギーが強く、目を疲れさせてしまい、さらに眠気を遠ざけてしまいます。

夜、私たちの体は眠りにつく準備を始めます。「睡眠ホルモン」とも言われるメラトニンの分泌が活発になり、体の深部体温が下がっていきます。その時はなるべく刺激を受けるのを避け、静かに睡眠に入っていくのが良質な睡眠のためにも適切です。

しかしそんな時にベッドでスマホを触ってしまうと、液晶画面から出ているブルーライトの明るさから、脳が夜なのに朝だと誤認識をしてしまい、眠気がなくなってしまいます。その結果体内時計の正しいリズムが崩れ、夜眠れなくなってしまいます。

ブルーライトは、太陽の光と似ている性質があり、夜にブルーライトを浴びると脳が朝だと勘違いしやすいので、夜スマホを見る時は、時間帯に注意をしてください。

規則正しい睡眠生活を

スマホやパソコンと上手く付き合っていくためにも、気をつけてほしいことがあります。まず最低でも眠る1時間前にはスマホやパソコンを触るのをやめましょう。そして良質な睡眠を手に入れるために軽いストレッチをしたり、お気に入りの音楽を聴いたりすることをお勧めします。

どうしてもこなさなければいけない仕事があってパソコンなどを触らなければいけないのであれば、ブルーライトカットの効果のある眼鏡などを利用することをおすすめします。最近では眼鏡の大手メーカーがブルーライトカットの効果のある眼鏡を販売しているので、ぜひスマホやパソコンのお供にしてほしいです。

逆に朝寝覚めが悪い時は、ブルーライトカットの効果を利用してみてはいかがでしょうか?布団に入ったままスマホは触ることができるので、ブルーライトカットの覚醒効果を気軽に利用することができます。

一度体内時計が狂ってしまったのであれば、朝陽の光を浴びることをおすすめします。陽の光にはセロトニンという、幸福感を感じる脳内物質を分泌する効果があり、さらに陽の光には体内時計をリセットする効果もあります。朝起きてから30分間程度陽の光を浴びるのは気持ちの安定や規則正しい生活の手助けになります。

朝起きたら、まずカーテンを開けてみてはいかがでしょうか?

現代はもうスマホやパソコンを手放すことができない時代です。だからこそ上手く付き合い健康的な生活を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る