ストレッチから得られる驚くべき効果とその方法

最近体を動かしていますか?

なんだか体全体が重くて、寝つきも良くない。オフィスワークだから体を動かす機会もないし、体が疲れていないのか熟睡ができない。仕事で忙しくて体を動かす機会も少なくて、その生活が睡眠にも悪影響になっていませんか?

可能であれば人は1日30分運動するのが良いと言われています。けれどなかなかそんな時間を確保するのも難しいですよね。

そんな時におすすめしたいのが敷布団やベッドの上でもできるストレッチです。ストレッチは有酸素運動ではないのでハードではないですし、寝間着姿でできるのでウェアの準備も入りません。さらに寝る前のストレッチは睡眠にもプラスの効果があります。ぜひ1日五分のストレッチから始めてみませんか?

ストレッチにはこんなに効果があるんです

まだストレッチを始めるのをためらっているあなたにストレッチが私達の体にもたらしてくれる様々な効果を紹介したいと思います。

まずストレッチにはリラックス効果があります。普段体を動かさずずっと同じ姿勢で入れると、私たちの体の筋肉は固まってしまいリラックスしづらい状態になってしまいます。

その固まってしまった筋肉をストレッチでほぐし緩めることで体がリラックスしやすい状態をつくることができます。寝る前に体がリラックスしていると、睡眠にも入りやすいですよね。

さらにストレッチを行うことで血流の循環が良くなり冷え症の解消にもつながります。足先など体の先端が冷えて睡眠しづらい方には、よりストレッチは効果的ですよ。

寝る前に5分間ストレッチをしてみては?

ストレッチをすることのメリットとして、あまり時間がかからないということがあります。ランニングやウォーキングももちろん有酸素運動なので、体や睡眠には効果的ですが、毎日定期的に20分〜30分時間を確保するのは難しいですよね。

それに比べるとストレッチは時間がかかりません。それこそ体が固い方は最初から負担をかけないためにも1日五分から始めるのがいいと思います。毎日継続的にストレッチをつづけることによって体の可動域はどんどん拡がっていき、姿勢改善やダイエット効果もあります。

眠る前にするストレッチとして一番簡単なのが、両手を頭の上で組み、全身を思いきり伸ばすというものです。あとは両手と両足を天井に向かって持ち上げ、ぶらぶらと動かすのも効果的です。末端に溜まっていた血液が心臓の方に戻るのでむくみ解消にもつながります。

そしてストレッチをしている間は、なるべく静かな環境で目を閉じてするのをおすすめします。目を閉じてストレッチに集中するとポーズがより深まりますし、目を閉じて静かな環境で深い呼吸をすると瞑想に近い効果があります。眠る前にその日にあった色々なことをリセットできるのでおすすめです。お気に入りのヒーリングミュージックなどを探してみるのもいいですね。今だったら無料の動画で探したりすることもできますよ。

ストレッチをすると自律神経が整うので寝つきが良くなり、睡眠に入りやすい状態をつくることができます。疲れた日こそ、ぜひ眠る前にストレッチを継続してみてくださいね。

良質な睡眠が手に入れるためにも健やかな体づくりを目指していきましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る