睡眠にも美容にも繋がる食べ物とは?!是非知っておきたいこと

私たちが生きていくうえで必ず必要となるものが睡眠です。この睡眠が取れないと精神的にも肉体的にも困難が待ち受けています。そこで睡眠の大切さや、お勧めの食べ物を紹介していきたいと思います。

睡眠の大切さとは?!

最初に伝えたように私たちは睡眠が必要不可欠です。その理由は、睡眠が十分に取れないと集中力が低下したり妄想や幻覚が見えたり、体の疲れが取れなかったりなど様々な症状が段々と出てきます。私たちの体は睡眠中に一体何が起きているのか考えたことはありますか?実は寝ている間に私たちの体は、こんな事が起きています。

・記憶を整理
寝ている間に脳が今日1日で起きた事柄を綺麗に整理しています。分かりやすく説明するとタンスをイメージしてください。私たちはタンスに洋服などをしまい、必要な時に取り出します。このタンスの使い方と同じように記憶をしまっておいて、必要なときに自由に取り出せるようにするために睡眠中に記憶を整理しています。もしも睡眠時間が少ないと整理しきれていないために、思い出そうとしてもなかなか思い出せなくなってしまいます。徹夜でテスト勉強をしても睡眠時間が短いために記憶の整理が終わらずに、いつもよりも力を発揮できないといったデータが出ています。

・疲労回復
寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは成長期などにとても重要なものになっていて身長や精神面においての成長に欠かせないホルモンになっています。これは成長期のみならず大人になってからも必要不可欠になってきます。それは、疲労回復に大きく関係しています。成長ホルモンが分泌されると疲労効果を促してくれますので睡眠時間が少ないと疲れが取れなくて起きてもダルさや疲れが残ってしまいます。

睡眠に必要なメラトニン

睡眠の話でメラトニンという物質がとても大事になってきます。このメラトニンが分泌されることによって眠気を誘い安眠へと導いてくれます。これは強い光によってメラトニンの分泌が抑えられてしまうため、寝付く前のリラックスタイム時には脳の興奮を抑えてメラトニンを分泌させるためにも間接照明で過ごし、強い光を浴びないように注意することが必要です。

メラトニンを補う食べ物

睡眠にはメラトニンが必要不可欠だと説明しました。このメラトニンが不足してしまうと寝つきも悪くなり、安眠を妨げる原因の1つになってしまいます。そうならないためにもメラトニンの不足を補う役割をしてくれる食べ物を紹介します。

たまご

納豆
豆腐
白米

・メラトニンが増える理由
先ほど紹介した食べ物はタンパク質です。このタンパク質を摂取することでセロトニンという物質を作る材料になります。このセロトニンがメラトニンの分泌を促すという仕組みになっています。実はこのセロトニンは幸せホルモンとも言われています。

・セロトニンが幸せホルモンと言われるのは?
このセロトニンが幸せホルモンと呼ばれる理由は精神を安定させることで幸福を感じやすくするといった話があります。

ストレスに強くなる
体内時計の調整
アンチエイジング

など女性には嬉しい効果が期待されると言われています。安眠にも繋がり、幸せも運んでくれるセロトニンは不足しないように意識していきたいものです。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る