睡眠のゴールデンタイムを活用して美肌を手に入れるコツ

最近肌荒れはしていませんか?

毎日野菜を多く摂って栄養にも気を遣っているのに、どうしても吹き出物とニキビが治っらない。乾燥がひどいから保湿ケアに力を入れているのに、なかなか改善されない。肌トラブルで悩んでいませんか?

忙しい日々を送って生活習慣が乱れてしまうとなかなか気を遣っていても肌は荒れてしまいますよね。思ったように眠れなかったり、栄養のある食事が摂れなかったり。

美肌をつくる第一歩として、睡眠を取る時間、そして時間帯を見直してみませんか?

美肌を手に入れるためには睡眠時間と時間帯の知識を勉強し、そしてそれを上手く利用しましょう。この記事では美肌効果のある睡眠時間、そして時間帯などについて詳しく紹介いたします。

美肌を目指すなら睡眠のゴールデンタイムを知りましょう

あなたは普段、1日何時間眠ることができていますか?

美肌を手に入れるためのアドバイスとして、まずどれだけ忙しくても必ず1日3時間は眠るようにしてください。なぜかというと、眠りはじめの3時間に成長ホルモンというホルモンが多く分泌されます。そしてこの成長ホルモンが美肌に大きな効果があるんです。

肌は28日周期でターンオーバーを繰り返し、このターンオーバーによって肌の新陳代謝がされ、肌を守る新しい角質が表面上にでてきます。ダメージを受けた肌が内側から生まれ変わる働きになります。そして成長ホルモンにはこのターンオーバーが正常に働くようにする働きがあります。さらに成長ホルモンには老化防止、代謝を上げる効果もあるので美容には欠かせないホルモンなんです。

眠りはじめて最初の3時間に成長ホルモンが多く分泌されると説明しましたが、成長ホルモンが多く分泌される時間帯もあります。それは夜の22時から深夜の2時までになります。なるべくこの時間帯には眠るようにして、成長ホルモンの分泌を活発にしましょう。

成長ホルモンをより上手に利用するには?

そしてこの成長ホルモンの働きをより上手く活用するためにアドバイスをしたいことがあります。

まず眠る最低でも2時間前には夕飯を済ませておきましょう。眠る時に胃の中に食べ物が残っていると、胃が消化活動をして体温を上昇させるので安眠の妨げになってしまいます。

食事をすると血糖値が上がります。成長ホルモンは血糖値が低い状態になると分泌されやすいので、なるべく眠る前には食べ物の消化は落ち着いている状態にしましょう。

そして眠る前、運動のあとにたんぱく質を摂ることもおすすめします。たんぱく質は皮膚や骨、爪や髪の毛などあらゆる体の器官をつくる主成分になるので、成長ホルモンの働きに合わせて摂取することで、成長ホルモンの働きをより活発にすることができます。

しかし眠る前にたんぱく質が多く含まれる食品を食べるとカロリーオーバーになってしまうので、粉末状のプロテインなどカロリーのあまり高くないものを摂ることをおすすめします。

運動後にも成長ホルモンはたくさん分泌されるので運動後にたんぱく質を摂ることは美肌に効果的です。

美肌効果の高い化粧水やエステにお金をかけるのも効果がありますが、まずは睡眠生活を変えてみるのはいかがでしょうか?

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る