睡眠には男女差がある!女性にとって睡眠が重要な4つの理由

suimin

経済協力開発機構による加盟国の睡眠の調査で、日本人は非常に睡眠時間が短いことが分かりました。さらに、加盟国の中では珍しく男性より女性の睡眠時間の方が短い傾向にあり、日本の女性にとって睡眠の確保は今後大きな課題になると予想されます。

マルチタスクな脳

最近では脳科学の見地から男女の違いが研究されていますが、それによって女性は脳の特徴から男性より多くの睡眠時間を要すると言われています。特化した脳の使い方をする男性に対し、女性的な脳の持ち主は広範囲の脳を使うため、脳の疲労を休めるのに男性より睡眠が必要になります。

睡眠は脳の唯一の休息時間なので、疲れやすい女性の脳はしっかりと休息させなければなりません。

ホルモンバランスと睡眠

女性は生理によってホルモンバランスが男性より乱れやすく、不規則な睡眠習慣はホルモンの乱れに拍車をかけてしまいます。また、女性は更年期に様々な心身の症状が出る方が少なからずいますが、その期間はより睡眠に気を付けてホルモンを整えることが求められます。

社会進出と女性の睡眠

現代では女性の権利が大きく進展し、男性のように積極的に社会進出する方が増えています。女性の社会進出は喜ばしいことですが、労働環境の問題が叫ばれる日本においては、働く女性が十分な睡眠を取れていないことが珍しくないです。

先述したように女性はもともと男性より多くの睡眠が要る脳になっているため、社会進出においても男性とは異なる配慮が必要かもしれません。

子育てと睡眠

女性が睡眠を重要視しなければならない理由には、子育ても挙げられます。日本では子どもが産まれると多くの女性は育児に時間を取られることになりますが、保育所の問題や男性の育児休暇の整備が不十分なことから、負担が女性に偏りがちです。

子育てでは子どもの夜泣きで睡眠不足になることもよくありますし、育児の不安で睡眠障害に悩む女性もいます。子育てと睡眠を両立させることは、現代の女性だけでなく夫婦、さらには家庭における目標とも言えます。

日光を浴びよう

男性よりうまく睡眠を確保する必要がある女性にとって、睡眠の基礎的な整え方を知っておくことは有益と言えます。その方法の中でも手軽なのが、しっかりと午前中に日光を浴びることです。日光には体内のリズムを整える役割があり、午前中に日差しを受けることで夜になると適度な眠気で睡眠を取りやすくなります。

入浴剤でリラックス!

湯船での入浴も女性の睡眠を助けますが、この時に入浴剤を使うとより効果的です。入浴剤は基本的にリラックス目的で作られているため、自分の好みに合う香りを選んで構いません。効能や匂いだけでなく、色合いなど感覚全体を使って楽しめる入浴剤を使うことが、女性の睡眠の質を高めてくれます。

SNS断捨離とは

スマートフォンが普及し、SNSのアカウントを複数持つことが当たり前になりましたが、一方でSNSは日常的にストレスになることが分かっており、最近では「SNS断捨離」という言葉も使われています。

SNS断捨離はその名の通り、SNSを日常生活から少し遠ざけることを意味し、アプリのアンインストールやアカウントの削除などを行います。無理をする必要はありませんが、「なくても困らない」と感じているSNSがあれば、思い切って断捨離することで女性が睡眠しやすくなることがあります。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る