睡眠と栄養ドリンクの関係は?上手く利用しましょう!

疲れを感じた時などに飲むことの多い栄養ドリンクですが、寝る前に飲んだら眠れなくなると聞いたことはありませんか?実際のところはどうなんでしょうか?また、そう言われる理由など栄養ドリンクの成分についても解説していきます。

睡眠の重要性

私たちに欠かせない睡眠ですが、この睡眠がどうして必要か知っていますか?寝ている間に放出される成長ホルモンという物質が、成長期ならば身長や心の成長を促し、大人ならば疲れを取ってくれる作用があると言われています。この睡眠が足りないと疲れが取れなかったり、頭がボーっとして集中力がなくなってしまったり、時には妄想や幻覚など異常症状が現れる可能性もあります。そのくらい睡眠は私たちにとって、とても重要な役割があるということになります。

栄養ドリンクにも種類がある

誰もが一度は飲んだことはあるのではないでしょうか?疲れた時に栄養ドリンク。ですが、この栄養ドリンク含まれている成分によって医薬品、医薬部外品、清涼飲料水の3つに分けられていました。

・医薬品
薬事法で規制されていて薬局や薬店のみで販売されています。効果や治療、予防について記載することは可能ですが飲み心地を記載することは出来ません。

・医薬部外品
薬事法に含まれますが販売規制はないためスーパーやコンビニでも販売可能です。体に改善効果があるものと定められていますが一般的に医薬品に準ずるものとなっています。

・清涼飲料水
これは薬事法ではなく食品衛生法にかかわる製品となっており、食品添加物と認められるもののみが可能です。ですが、疲労が回復するなどの効能は記載できません。

そして栄養ドリンクと言っても種類も様々で、値段も様々です。何が違っていて値段が高いのだろう?と思った人はいませんか?実は成分にありました。成分と含有量によって値段が違ってきていました。高ければ良いという訳ではなく、自分の症状に合った成分が多く含まれているものを選びましょう。

睡眠と栄養ドリンクの関係

私たちは睡眠も大事だし、疲れた時は栄養ドリンクも必要になってきます。ですが、寝る時に栄養ドリンクを飲むとどのような影響があるのでしょうか?寝る前に飲まない方が良い成分を紹介します。

・カフェインで興奮
栄養ドリンクにはカフェインが含まれています。その作用で脳が興奮状態になり気分的に力が付いたように感じる効果があります。なので寝る前に飲むと寝付けなくなり何度も目が覚めてしまいます。カフェインの含まれた栄養ドリンクは寝る前じゃなく朝や昼に飲むことをお勧めします。

このようにカフェインの含まれている栄養ドリンクを寝る前に飲んでしまうと寝つきや睡眠に影響が出てしまいます。ですが、ロイシンやバリンといった必須アミノ酸が含まれている栄養ドリンクは疲労回復が期待できます。寝る前に飲むことで寝ている間に疲れを回復してくれるものもあります。ただし、アルコールやカフェインが多く含まれていると睡眠不足の原因となってしまうので成分を確認して、効果的な栄養ドリンクを選びましょう。寝ている間に疲労回復をして、栄養ドリンクでも疲労回復が出来れば次の日の朝の目覚めはスッキリで1日頑張ろう!という気持ちになれますので上手く使用していくことをお勧めします。ですが、成分の中には糖分も多く含まれていますので飲み過ぎには注意が必要です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る