睡眠でがんを予防しよう!nk細胞を活性化させる3つの方法とは?

がんとnk細胞とは

がんは細胞が変異して周囲の組織を巻き込んでいき、身体機能を低下させて死に至ることも多い病の一つです。「悪性腫瘍」とも呼ばれるがんを引き起こす変異した細胞は、実は健康な人の体内でも生じています。しかし、健康であれば免疫細胞と呼ばれるものがこの異常な細胞を取り除くため、がん細胞に発達せずに済みます。
免疫細胞は一般的に「ナチュラルキラー細胞」、略して「nk細胞」と呼ばれ、上述したように特にがんの予防に大きく関わっています。

睡眠がnk細胞に影響を与える理由

「健康を維持することで免疫力を高められる」という考えは多くの人が持っていますが、「健康」の概念は曖昧になりがちです。nk細胞を活性化させるための健康の要素で最も重要なのは、十分な睡眠です。
睡眠不足に陥ると集中力が欠けたり、過度の眠気が生じたりすることで学業や仕事に支障が起こり、それがストレスを生じさせてしまいます。ストレスは体の中で活性酸素と呼ばれる物質を増やしますが、活性酸素はnk細胞の働きを低下させるため、睡眠不足はnk細胞に悪影響を与えてしまいます。

nk細胞の機能を強化させる睡眠方法の基礎

上記のように睡眠不足は免疫に関わるnk細胞の機能を下げてしまいますが、言い方を変えれば十分な睡眠を取ることでnk細胞を活性化できるということになります。
nk細胞が活動的に働くための睡眠のコツは3つありますが、各々の生活リズムに合わせて調整しつつ取り組むことが大切です。また、一時的な睡眠の改善ではnk細胞の活性化効果を得られないため、継続的に良質な睡眠習慣を維持することも覚えておきましょう。

就寝時間に注意してnk細胞を活発に!

20時頃から朝方4~5時にかけては質の良い睡眠が取りやすく、特に体の代謝力が向上して老廃物の除去・排出機能が高まります。この時間帯に最低でも6時間の睡眠を取ることで、がん細胞を取り除くnk細胞の機能が高まることが期待できます。

睡眠を取る前の食事は避けよう!

就寝する3時間前からは食事を取らないことも、nk細胞活性化の睡眠に大切なことです。食事を取ると胃腸の働きが活発化し、本来脳を中心に体全体を休める必要がある睡眠において胃腸の機能ばかりが高まってしまうので、十分な休息を取れなくなってしまいます。
しかし、空腹は寝つきが悪くなって睡眠不足に陥る原因の一つなので、睡眠の前にどうしてもお腹が空いてしまったときは汁物や果物など消化しやすい食べ物を取るようにしましょう。

湯船に浸かってスムーズに入眠!

睡眠の際には体が一度温まり、その後体温が下がることで少しずつ眠りに落ちていきます。そのため、事前にお風呂で湯船にゆっくり浸かって体を温めておくことで、就寝の際に体温がスムーズに下降し、nk細胞の働きを向上させる睡眠を取りやすくなります。
注意点として、睡眠の直前のお風呂はむしろ体温が高まったままで寝づらくなることがあるので、1~2時間前までには入浴を済ませておきましょう。

生活リズムが必然的に不規則な時の対処法

人によっては仕事などの都合で、nk細胞活性化によるがん予防の睡眠に欠かせない就寝時間・食事・入浴という3つのコツを実践できないことがあります。このように生活リズムが不規則な場合、時間帯に捕らわれず6時間は睡眠を取る、寝る前の食事を少量にする、睡眠の直前の入浴は少しぬるめで、というように無理のない取り組みをしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る