短時間でも良質な睡眠を得る方法

最近睡眠時間減っていませんか?

忙しくて睡眠時間がなかなか確保できない。ゆっくり8時間眠ったのに、疲れがあまりとれていない。睡眠時間はとても重要ですよね。だから思ったように睡眠時間を確保できないときには、イライラすることもあると思います。

仕事だったり、家族の人に生活サイクルを合わせていたりすると、どうしても十分に眠れない日々が続いてしまうことがあります。そこでこの記事では短時間睡眠でも目覚めを良くする方法や、理想の睡眠時間についてご紹介いたします。睡眠時間について少しでも知識を増やして、忙しい日々に役立ててくださいね。

目覚めの良い睡眠を心がけましょう

まず人は眠りにつくと、レム睡眠(浅い睡眠)とノンレム睡眠(深い睡眠)を繰り返します。レム睡眠のときには、体は眠っていますが脳は活発に働いているのでこのレム睡眠のタイミングで目覚めるのが良い寝起きのタイミングです。

ではレム睡眠のときに起きるにはどうすれば良いのでしょうか?

人は90分ごとにレム睡眠、ノンレム睡眠を繰り返しています。なので90分の倍数の時間帯で起きるように目覚まし時計をセットしてみましょう。短時間しか眠る時間を確保できない人も、このサイクルを利用して少しでも良い目覚めを手に入れてください。

あとは体の体内時計を整えるために毎日同じ時間に寝て起きるのもおすすめです。時間が来たら自然と眠くなり、朝も自然に起きることができます。毎日同じ時間に眠るのは難しいかもしれませんが、熟睡と良い目覚めにこの方法はとても効果的です。

睡眠って短時間でも大丈夫なの?

仕事が忙しくてどうしても眠る時間がとれない方も現代ではたくさんいますよね。そんな方たちにまず言いたいのは、どんなに時間がなくても1日最低3時間は眠ってください。眠り始めた最初の3時間では、私たちの体疲労回復などに役立っている成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンの分泌があまりされていない日々を過ごしてしまうと体に疲れがどんどん蓄積してしまいます。

さらに脳が休むことができるのは睡眠のときだけです。たとえあなたがぼーっとしていたり、何もしていなかったりしても脳は起きている限り働いています。仕事を素早くこなしていくためにも脳にもしっかり休む時間を上げてくださいね。

自分は1日何時間眠るのが最適なのか知らない人はたくさんいると思います。なので生活サイクルをつくる前に眠る時間を30分か60分おきなど1日ずつ変えてみて、一番自分の脳と体に良かった睡眠時間を探してみるのもおすすめです。

最適な睡眠時間は遺伝子の影響もあって人によって違うので、あなたの最適な睡眠時間はあなたにしか分かりません。自分の体とうまく付き合っていくためにも自分の最適な睡眠時間を把握しておくことは生活の質の向上に効果抜群ですよ。

なかなか眠る時間を確保することができない方は、仕事の合間や昼食の時などに10分でもいいのでお昼寝をすることもおすすめです。脳が少しでも休まるので、昼寝をしたあとにすっきりして仕事がはかどるようになりますよ。

良質な睡眠を得られるように、まずは自分の最適な睡眠時間を探してみてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る