睡眠が浅い人が知っておくべき原因と対処法

眠ろうと思ってベッドに入ってもなかなか眠ることができず、やっと寝たとしても夜中に起きてしまい、浅い睡眠のため翌朝疲れが残ってしまって悩んでいる人はたくさんいます。浅い眠りになってしまう原因は何なのか、どうすれば改善することができるのかについて学びましょう。自分の浅い眠りを改善できる方法が見つかるでしょう。

浅い睡眠になってしまう原因はいくつかある

睡眠が浅くなってしまう原因はいくつかあります。睡眠が浅くなって疲れが蓄積されやすくなる行動を見直すことが大切です。夜遅くまで起きてしまうなど、不規則な生活をする人は深い睡眠を取ることができません。

人間は睡眠リズムというものを持っており、体内時計が管理しています。人間の体は、太陽光に触れることで体が動きだし、太陽が沈んで光を浴びなくなると休みます。もし、太陽の光が出る朝の時間に眠り、太陽の光が強い昼間に起きるような不規則な生活を送ってしまいますと、体内時計が狂ってしまいます。その結果、ストレスを感じて浅い睡眠になってしまう危険性があります。それゆえ、体内時計が狂わないような生活を送ることが重要です。

また、鼻では無く口で呼吸して眠る人も要注意です。口呼吸は鼻で呼吸するのに比べて酸素を送る量が減ってしまいますので、どうしても覚醒反応が起きてしまい、夜遅い時間に起きるなど浅い睡眠の原因になってしまいます。口呼吸は浅い睡眠の原因になるだけで無く、歯周病など歯の病気になるリスクもありますので、口呼吸をしている人は、早めに直す必要があるでしょう。

自分に合った道具を用いて質の高い睡眠を取ろう!

浅い睡眠は疲れを残してしまうため、早めに改善する必要があります。深い睡眠を取るためには、自分に合った寝具を選んで使うことが大切です。枕の高さやマットレスの寝心地が自分に合わないと、リラックスして睡眠を取ることができません。もし、どのような寝具が自分に合っているのかわからなくて悩んでいるのであれば、寝具専門店で専門のスタッフにアドバイスをもらいましょう。専門家からの適切な助言をもらって良い睡眠を取りましょう。

グリシンを摂取しよう!

良い睡眠を取りたいのであれば、「グリシン」と呼ばれているアミノ酸を体内に取り入れることが大切です。グリシンはサプリメントなどで簡単に摂取することができる成分です。グリシンを摂取することで、体内の血管を広くしてくれ、体の深部体温を調節してくれます。グリシンを取り入れることにより、体内の温度が下がり、体が睡眠に入ろうとする働きをサポートしてくれます。

どうしても改善できない時は病院へ!

寝具を変えたりグリシンを摂取したりして浅い睡眠を改善するための行動をしても深い睡眠を取ることができない場合は、無理せず病院に行って専門医に相談しましょう。重度な不眠状態になっている人は、治療を受けなければ改善できなくなっている危険性があります。浅い睡眠で悩んでいる人をたくさん診察してきた専門医であれば、何が原因なのか、どうすれば改善できるのかをきちんと教えてくれます。長期間浅い睡眠で悩んでいるのであれば、クリニックで相談してみましょう。そのうち治るだろうと勝手に判断せず、専門家のアドバイスをもらうことが大切です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る