睡眠が体に及ぼす効果

suimin

睡眠の役割

睡眠を取ることで、私たちの身体には様々な効果があります。脳や体を休める効果のある睡眠ですが、具体的に睡眠中によって健康に及ぼす効果とはどのようなものがあるのでしょうか。

睡眠による休息効果

なぜ眠るのか、と言われたら、今日も一日疲れたから休む、という答えが一般的ではないでしょうか、実際にもその通りで、体と脳には睡眠が必要不可欠です。眠ることによって大脳は休息すると同時にその機能を調整し、翌日、朝から再び正常な指令を全身に送ることができます。また、睡眠中は体温が下がり血液の温度も下がり、この少し「冷たい」血液が脳の中を流れることにより「頭が冷やされる」ことになり、それが脳の疲労回復に役立ちます。

睡眠中は、一日のうちに吸収した膨大な情報を整理し、必要なものと不要なものに分類し、必要なものについてはその情報を記憶として脳に記録しています。この分類・記録の作業が夢を見ることと関係していると言われています。夢を見ている比較的浅い眠り(レム睡眠)の時に、記憶を脳に記録する作業をしていると考えられているのです。

睡眠中の脳は、活動レベルがゼロになるほど完全な休息になることはなく、場合によっては体が活動している昼間の脳よりも活動が活発なこともあります。

睡眠による成長ホルモンの分泌効果

成長ホルモンがどのような物質か御存じの方も多いと思いますが、名前の通り、成長するために必要なホルモンということになります。成長ホルモンは、寝ている間に分泌され、子供の成長、傷の治癒、新陳代謝の作用があり、眠りについて3時間の間に集中的に分泌されるといわれています。成長ホルモンは、子供に特に必要とされる物質ですが、成人にも必要とされる物質で、体内の老廃物や新陳代謝といった、体の中をキレイにするためにも必要な物質です。

子供は、寝ているときゆすっても、叩いても起きない時があるが、これは、子供の体内で成長ホルモンが活発に分泌されているということなので、できるだけ起こさない方がよいのかも知れません。むかしから「寝る子は育つ」と言われているぐらいですので、成長ホルモンが発見されてない時から、昔の人は経験的にわかっていたようです。

睡眠による免疫アップ

風邪をひいたらお母さんに「ベッドで寝ときなさい」と言われた経験はありませんか?
これは、実に理にかなったことで、睡眠の目的にも適しています。人間は、睡眠中に免疫力が上がり、病気を治そうとする力が高まります。これは、自然治癒とも言われています。そのため、風邪を引いた時には、少し長めの睡眠をとることが、風邪を治すための近道といえます。

睡眠はストレス物質を軽減させてくれる

眠っている間に脳内でつくられる睡眠物質は、神経細胞から発生する活性酸素を分解してくれます。このとき、神経細胞の機能を回復させると同時に、ストレスの原因ともなる有害物質を除去してくれます。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る