眠れる?眠れない?アルコールと睡眠の関係

suimin

「寝酒」のことを英語では「ナイトキャップ」というように、洋の東西を問わず寝る直前にお酒を飲む人は少なくありません。

ところで、アルコールが睡眠に及ぼす影響というものを、みなさんはご存じでしょうか?

今回は「アルコールと睡眠の関係」についてです。

アルコールが睡眠に及ぼすよい影響

なぜ洋の東西を問わず「寝酒」が行われているのでしょう?

これは、アルコールに脳の興奮を鎮め、眠りを誘う効果があるためです。つまり、寝付きがよくなり、その分睡眠時間を短縮できるのです。

深酒した時に帰りの電車でウトウトしてしまい、その結果寝過ごすというのはこれが原因です。

あと適度に飲めばストレスは発散されますので、ストレスのために眠れなくなっているという自覚のある人には有効でしょう。ひとりではなく仲間と飲んでいる場合は、人間関係を潤滑にするのであればなお一層よい効果が期待できます。

アルコールが睡眠に及ぼす悪い影響

ところが、よい影響といえばこれくらいで、実際はむしろ弊害の方が多かったりします。

お酒に含まれるアルコールは体内でどうなるかというと、分解を繰り返した結果、最終的には二酸化炭素と水になります。二酸化炭素は排出され、水は体に取り込まれるかやはり老廃物と一緒に外へ出ます。

その分解の過程で、アルコールはまずアセトアルデヒドという物質になりますが、まずこれが睡眠時に悪さをします。

アセトアルデヒドには交感神経を刺激する作用があります。通常交感神経は、自律神経のうち主に活動時に働くものなので、睡眠時にこれが刺激されると深く眠れなくなります。最悪中途覚醒が起こり、これが繰り返されます。

またアルコールには利尿作用があります。血液中の抗利尿ホルモンが抑制され、体内の水分が外へと排出されるのです。

お酒を飲んでからお酒に含まれる水分が体内に取り込まれるまではタイムラグがありますが、このタイムラグの間は血液中の水分が尿として外へ出ます。

これに加え、アルコール自体にも脱水作用があるため、体内の水分は外へと出やすくなってしまいます。

特にビールの場合、多く含まれるカリウムが新陳代謝を活発にし、利尿作用をさらに加速させます。

睡眠前の飲酒は睡眠時の頻尿を引き起こすこととなり、これもまた中途覚醒の大きな原因となります。

先ほど「アルコールに脳の興奮を鎮める」と書きましたが、これは体のあらゆる所に作用します。

体中の筋肉の緊張が解けるのもその一つで、ゆるんだ口やのどの筋肉は重力の作用で落ち込み、空気の通り道・気道をふさぎます。

気道がふさがれると、そのふさがった部分と空気との摩擦により音が発生します。いわゆる「いびき」です。

さらに状況が悪化すると、呼吸自体が止まってしまいます。これは「睡眠時無呼吸症候群」と呼ばれる病気で、眠りを妨げてしまいます。

またお酒が眠りを誘うことも先述しましたが、あらゆる化学物質に体は順応します。もちろんアルコールもそうで、体が順応するにつれ量を増やしていかないと寝付けなくなってしまいます。

摂取しなければならないアルコールの量が増えれば増えるほど先述したリスクは上がっていきますし、最悪の場合はアルコール依存症になってしまい、きわめて危險です。

最後に

「薬も過ぎれば毒」というのが一番わかりやすく出るのが、実はお酒なのではないかと思います。あくまで節度を持って、ほどほどに飲むのがよいようです。

それではみなさん、よい眠りを!

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る